Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』原作コミックから同一ショットを採用、映像の巨大モンスターはナニモノ?

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティー・ソー』シリーズ第4弾『ソー:ラブ&サンダー』より初の特報映像が公開されるや、さっそくネット上は大きな賑わいを見せているようだ。映像に登場するワンシーンでは、ソーとコーグが冷凍されているようにも見える巨大モンスターを臨んでいるようだが、実はこのショットが原作コミックと全く同じ構図だとして話題となっている

特報映像の0:55〜を確認してほしい。「神が来る」というテロップが表示された後に映し出されたのは、一面雪景色のなか岩に立つソーとコーグの後ろ姿。2人の目の前には、すでに死んでいるのか、もしくは冷凍されているのか、巨大モンスターが口大きく開けて横たわっているようだ。なんだか『ジュラシック・ワールド』シリーズを彷彿とさせるようなこのショット、実は本作の原作にあたる2012年開始のコミックシリーズ「Thor: Love and Thunder」で描かれる一コマと同一のものである。

登場するのは「Thor: Love and Thunder 」の第3号(#3)。この巨大モンスターは、ファリガー(Falligar)といい、銀河フロンティアの守護神として崇められていた。ファリガーはソーと顔見知りの仲だったが、“神の虐殺者”ことゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーに殺害されてしまう。コミックから受け継がれた雪景色でのショットは、ソーがファリガーの亡骸をまさに発見した瞬間を捉えているのだ。ちなみに、米Comicbookでは比較画像が掲載されている。

映画『ソー:ラブ&サンダー』では、クリスチャン・ベールがゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーを演じ、ヒーローをやめて自分探しの旅に出たソーの前に立ちはだかるようだ。公式のあらすじでは、ソーが「ゴッド・ブッチャーの復讐の謎を明かし、手遅れになる前に彼を止めるべく、恐るべき銀河の冒険に乗り出す」と紹介されている。ゴッド・ブッチャーの脅威は未知数だが、少なくともファリガー殺害は復讐の序章にすぎないことは明白だ。

『ソー:ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、2022年7月8日に日米同時公開公開。

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly