Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』海外初日興収は『バトルロイヤル』39%越え、『ドクター・ストレンジ/MoM』には及ばず

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の単独映画シリーズで初となる4作目に突入した『ソー:ラブ&サンダー』海外市場における公開初日の興収が明らかになった。米Deadlineなど複数メディアが報じている。

『ラブ&サンダー』は2022年7月8日に日米同時公開となるが、オーストラリアやイタリア、韓国をはじめとする17カ国では2022年7月6日にデビュー。初日海外興収は1,570万ドル(約21億円:1ドル=135.75換算)を打ち出した。同じ条件下で、この数字はシリーズ第3作『マイティ・ソー バトルロイヤル』を39%上回るが、同年の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』には24%及ばなかった。

『ラブ&サンダー』はアジア太平洋地域とヨーロッパで軒並みナンバーワンを獲得し、なかでもトップを記録したのが310万ドルの韓国だった。この韓国における数字はコロナ禍で5番目に高い初日興収に。オーストラリアでも300万ドルを記録し、同国でのコロナ禍の初日興収では2番目、2022年のプレミア興収においては最高を記録している。

160万ドルを記録したインドネシアではコロナ禍で最高のプレミア興収となり、続くイタリアが140万ドル(コロナ禍で3位/2022年では2位)、ドイツが120万ドル(コロナ禍で4位)、続いてフィリピンと台湾が80万ドル、タイと香港が60万ドルとなり、好調なスタートを切った。『ラブ&サンダー』は、7月8日までに47の国と地域で公開される。

海外最速レビューで「シリーズ最高傑作」との声が上がっている『ソー:ラブ&サンダー』は、2022年7月8日に日本公開。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly