Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』、『バトルロイヤル』後すぐに「もう1作やろう」と実現

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のスーパーヒーロー単独作品では、今後製作が予定されている『キャプテン・アメリカ』第4作を除くと、初となる第4作に突入する『マイティ・ソー』シリーズ。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)につづく最新作、『ソー:ラブ&サンダー』はいかにしてゴーサインが出されたのだろうか?

2017年11月に公開された前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014)『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(2016)などで当時高く評価されていた監督、タイカ・ワイティティがシリーズ初登板となった。これまでのシリーズ作品とは打って変わり、ポップでユーモアにあふれた雰囲気へと変貌を遂げ、ファンのみならず批評家から高い評価を獲得したのである

この第3作目の公開直後に、『ソー:ラブ&サンダー』の製作が水面下ではすでに始動していた。こう明かしたのは、前作に引き続き監督を務めたタイカ・ワイティティだ。Fandango All Accessのインタビューにてワイティティ監督は、「『バトルロイヤル』が公開されて、そこから夕食を交わしながら決まっていったんです」と、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギらとの話し合いが開始した時期を明かしている。

「街中の映画館に何度か足を運び、それから夕食に出かけて、ケヴィンやほかのマーベル・スタジオのメンバーたちとアイデアについて話し合っていったんです」と、ワイティティ監督が説明を続ける。早い段階から軽い夕食を通して企画が動き出していたというが、正式発注となった決め手は、「この映画が皆さんから愛されるようになったすぐあとに、“もう1作やりましょう!”と彼から言われたんです」とのことだ。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』がシリーズ史上最高の評価を記録したことにより、ワイティティはファンのみならずマーベル・スタジオからの厚い信頼も獲得したというわけである。そんな第3作につづく第4作は、そこから企画開発が開始され、サンディエゴ・コミコンでファンに向けて正式発表された。そしてコロナ禍のなか撮影が行なわれ、ついに2022年7月8日より日米同時公開を迎える。ラブでサンダーで、ノープランなソーの奇想天外な冒険物語に注目だ。

Source:Fandango All Access

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly