Menu
(0)

Search

ティモシー・シャラメ、スーパーヒーロー映画に出演しないよう助言されていた ─「NOハードドラッグ、NOスーパーヒーロー映画」

Timothee Chalamet ティモシー・シャラメ
Photo by Maximilian Bühn https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Timoth%C3%A9e_Chalamet_Call_Me_By_Your_Name_Press_Conference_Berlinale_2017.jpg

DCやマーベルをはじめとするスーパーヒーロー映画への出演は多くの俳優にとって憧れの存在だが、ティモシー・シャラメはそんな映画への出演を何者かに止められているようだ。

ティモシー・シャラメといえば、『君の名前で僕を呼んで』(2017)で美しく繊細な演技で世界中の観客を魅了した。以降、グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』(2017)『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)、ウディ・アレン『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(2019)など話題作に相次いで出演を重ねる。今後の作品としては、ドゥニ・ヴィルヌーヴ『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021年10月15日公開)、ウェス・アンダーソン『フレンチ・ディスパッチ』(2022年1月28日公開)などが待機中だ。

キャリアを順調に築き上げ、錚々たる監督たちからも一目置かれる若手俳優のティモシー・シャラメは、TIME Magazineのインタビューにて「NOハードドラッグ、NOスーパーヒーロー映画」と過去に受けた助言について話している。「誰とは言えません。僕が怒られてしまうから」と正体を明かすことはできないとしながら、「僕にとって、ヒーローと呼べるひとりで、初めて会った夜に僕の肩に手を回して助言をくれた」と説明した。

そのヒーローからのアドバイスをしっかりと守っているためなのか、ティモシー・シャラメはマーベルをはじめとするスーパーヒーロー映画には現在に至るまで出演していない。もっともシャラメは、MCU版『スパイダーマン』シリーズで、スパイダーマン役のオーディションを受けていたり、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編を繰り返し観たりと、スーパーヒーロー映画への興味はあるようだ。もしかしたら、ヒーローからのアドバイスに従わず、シャラメがスーパーヒーロー映画に出演する日が訪れるかも……?

あわせて読みたい

Source: TIME Magazine , The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly