Menu
(0)

Search

ティモシー・シャラメも『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編はコマ送りで観まくった

Timotheé Chalamet Photo by Maximilian Bühn https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Timoth%C3%A9e_Chalamet_Call_Me_By_Your_Name_Press_Conference_Berlinale_2017.jpg

涼やかな目元、端正な顔立ち。「ディカプリオの再来」とも呼ばれるティモシー・シャラメは、一方で「ドラゴンボールZ」のファンであることを公言していたり、遊戯王カードのデュエリストであったりと、我々と変わらぬポップカルチャーのファンであるという等身大の魅力も持っている。

そんなシャラメはマーベル・シネマティック・ユニバースへの関心も高いようで、米Deadlineのインタビューではこんな愛らしいことを言っている。主演作『DUNE/デューン 砂の惑星』で共演した、ゼンデイヤについて語ったときの一幕だ。

「彼女が登場する『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編、いま一番観られてる予告編になりましたね。僕も待ちきれなくって。みんなと一緒で、あの予告編は一コマずつクリックして、何かヒントがあるんじゃないかと探していましたよ(笑)」。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編といえば、ドクター・ストレンジをはじめ、過去の『スパイダーマン』映画からドクター・オクトパスが登場するなどサプライズに満ちた内容となっていた。MCUの熱心なファンは、細かなところに隠された情報も見逃すまいと、コマ送りにして目を凝らすものだ。我々ファンがやっていることと、シャラメがやっていることは同じだったわけである。ちなみにシャラメは、トム・ホランドのほかにスパイダーマン役を演じる有力候補だったという縁もある。

シャラメも夢中の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は近日公開。シャラメとゼンデイヤが共演する超大作SF映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は2021年10月15日公開だ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly