Menu
(0)

Search

トム・クルーズ、宇宙で製作するアクション映画を計画中 ─ イーロン・マスクのSpaceX、NASAとのプロジェクトに参加

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

ミッション:インポッシブル』シリーズで知られるトム・クルーズが、イーロン・マスク率いる宇宙開発企業SpaceXと共に、宇宙でのアクション映画製作を計画していることがわかった。米Deadlineが報じている。

報道によると、トムはSpaceX、およびNASAとともにプロジェクトを進めており、実現すれば、宇宙で製作される初めての長編劇映画になるとのこと。ジャンルはアクション・アドベンチャーだが、かねてから宇宙進出が期待されていた『ミッション:インポッシブル』とは異なる作品だ。企画開発は初期段階であり、まだ映画スタジオは関与していない。

これまで、トムは『ミッション:インポッシブル』シリーズで身体を張った激しいアクションに挑んでおり、最新作のたび、目を疑うようなスタントに自ら取り組んでいる。新作『トップガン:マーヴェリック』でも、自身が戦闘機に乗り込み、米海軍から特別許可を得ての飛行撮影に臨んだことがわかっているのだ。その向かう先に、映画での宇宙進出が待ち構えていたのも必然だったのかもしれない。

2018年6月、トムは『ミッション:インポッシブル:フォールアウト』の公開を控えて、宇宙進出は「もう考えている」とコメント。その後、同作の脚本・監督を手がけたクリストファー・マッカリーはトムの宇宙行きについて「SpaceXやNASAしだい。彼らが関わらないといけないでしょう」語っていた。その後、『ミッション:インポッシブル』新作での宇宙展開は否定されたものの、もはやマッカリーの言葉は、別の企画にて現実になろうとしているわけである。

トム・クルーズの衝撃発言、改めてどうぞ

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly