Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』アイアンマン/トニー・スターク再登場は「ストーリー次第」、ルッソ監督が明かす

ロバート・ダウニー・Jr.
Photo by Vincent Zafra / Illusion Story https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Robert_Downey_Junior.jpg

アベンジャーズ』をはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品で、トニー・スタークアイアンマン役を演じてきたロバート・ダウニー・Jr.の将来的な再登場はあり得るのだろうか。どうやら、その条件は「ストーリー次第」だという。米CinemaBlendのインタビューにて、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のジョー・ルッソ監督が明かしている。

どうやって戻るのかによるでしょう。ストーリーテリング次第ですね。[中略] とはいえ、観客に衝撃を与えてしまうことになるので、ただ単に復活させるなんてことはできません。その価値を見出すために、説得力があって、革新的かつ予測不可能な展開を用意する必要があるでしょう。」

つまり、『エンドゲーム』をもって、MCUにおける役目を終えたばかりのロバート演じるアイアンマンを、ご都合主義的に復帰させることは望ましくないというわけだ。しかし、これまでに『ブラック・ウィドウ』(2020年11月6日)で再登場するとの情報が伝えられているほか(真偽不明)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でグランドマスター役を演じたジェフ・ゴールドブラムは、Disney+のアニメ作品「What If…?(原題)」にてロバートが声優を務めると発言している。また、ロバート自身も再出演の可能性はあり得ると言及していたことから、何らかの形での復帰はあるのかもしれない。

ちなみに、ルッソ監督は公開から一年を記念した『エンドゲーム』の同時視聴イベントで、「サマーキャンプに行って、その後に全てを奪われるような気分ですかね」と同作の製作後についても語っている。「皆で一つの作品に取り組むのは本当に楽しいからね。ただ、親しい関係になったと思った途端に、離れてしまうみたいな。だから、いつの日か、またやらないといけないかも」。これに対して、同イベントに参加していたロバートは、「みんなが望む方向に、僕たちも導かれていきますよね」とコメントしている。

Source: CinemaBlend,Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly