Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」には「明かされてないキャラクターが1人いる」 ─ ポール・ベタニーが大胆予告「とんでもない化学反応に」

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

ワンダヴィジョン」には、「まだ明かされていないキャラクターが1人いる」。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ4の開幕作「ワンダヴィジョン」もいよいよ佳境に差しかかる中、ヴィジョン役を演じるポール・ベタニーが大胆予告だ。

MCUの本格的なマルチバースの始まりを予感させるサプライズを仕掛けてきた「ワンダヴィジョン」。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後、新生活を始めたワンダとヴィジョンの幸福な時間はそう長くは続かず、舞台のウエストビューでは、壮大なミステリーの解決が急がれている。

毎週ストーリーが進むごとに、インターネット上では多くの議論が交わされており、これにはベタニーも「とんでもなく正確なもの(予測)もある」と以前明かしていた。このたび英Esquireのインタビューに登場したベタニーは、そんなファンが唱える説の1つに言及。「『ワンダヴィジョン』にドクター・ストレンジが登場するのではないか」というものだ。

これにベタニーは、「『ワンダヴィジョン』に謎のアベンジャーズが姿を見せるという説で、それがドクター・ストレンジだと思っている人が多いようですね」と語っており、同説を認識している様子。その一方で、「僕たちが必死に秘密を守っているキャラクターたちの多くは、リークされた上で登場してます」と意味深な発言を見せた。こうした流れを踏まえた上で、ベタニーは、以下のように予告している。

まだ明かされていないキャラクターが1人います。とってもワクワクしてますし、人生で1度はご一緒したかった役者さんが演じています。いくつかの素晴らしいシーンで一緒に演じられましたし、僕たちの間で起きた化学反応はとんでもないものだったと思います。現場で花火が打ち上がったようで。見てもらうのが待ちきれないですね。」

ベタニーの発言で大きく注目すべきは、「人生で1度はご一緒したかった役者さん」という箇所だろう。これから明かされることになるキャラクターを演じる役者とは、ベタニー自身これまでに共演した経験は無いというようにも捉えられるから、もしかするとMCU初参戦となる役者、つまり新キャラクターである可能性もある。

他方、ドクター・ストレンジの登場説に触れた上での発言とあり、ファンが唱える説通り、同役のベネディクト・カンバーバッチについてベタニーは言及しているとも考えられそうだ。事実、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で共にサノスと戦ったストレンジとヴィジョンだが、それぞれいた星は異なり、直接顔を合わせているわけではない。いずれにしても、その答えは残り3話のどれかで明かされることになるわけだが…。

あわせて読みたい

Source: Esquire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly