Menu
(0)

Search

ウェス・アンダーソン、アニメ「エヴァンゲリオン」好きが海外で再び話題に ─「説明するのが困難な作品」

ウェス・アンダーソン
Photo : Ernesto Ruscio | Festival Annecy https://www.flickr.com/photos/94915094@N06/49560810968/

『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)などのウェス・アンダーソン監督は過去に、庵野秀明監督による名作「新世紀エヴァンゲリオン」が、自身のお気に入りの作品のひとつであることを公表していた。どうやら、監督が伝えていた本作の説明が海外にて再び注目を浴びているようだ。

アンダーソンといえば、『犬ヶ島』(2018)にて架空の日本都市を舞台にした作品を手がけていたことでも知られる。同作では、作中の随所に黒澤明作品へのオマージュもあった。そんな日本作品を敬愛するアンダーソンは、2009年に行われたGoopの取材にて、「新世紀エヴァンゲリオン」をはじめ、マーティン・スコセッシ監督の『ライフ・レッスン』(1989)、イングマール・ベルイマンの『夢の中の人生』(1980)、コスタ=ガヴラス監督の『ミッシング』(1980)など名だたる監督たちの作品を挙げている。

そんなアンダーソンがアニメ作品として唯一挙げた「新世紀エヴァンゲリオン」は、セカンドインパクトと呼ばれる大災害が発生した世界を舞台に、巨大な汎用人型決戦兵器、エヴァンゲリオンのパイロットとなった少年少女たちと、さまざまな特殊能力を持つ謎の敵・使徒との果てしなき戦いを描いた作品。庵野秀明が公言したように本作はいわゆるロボットアニメだが、実際は物語があまりにも複雑かつ壮大のため、「意味が分からない」「理解不能」となる者も多い。その難解さが同作の良さでもあるが、アンダーソンにとっても説明は難しいようだ。

「これは日本のアニメで、説明するのが非常に困難な作品です。仮に説明しようとしても上手くは伝えられないでしょう。全24話もありますが、1週間もしないうちに全部見てしまいました。これが現実だと信じたくなってくるからです。このアニメはサイエントロジーのようなものを生み出すかもしれません。」

※26話ある。

いくら難解な作品であっても、説明することから「逃げちゃだめだ!」と言いたくもなるが、確かにそれは容易なことではない。その難しさは放送当時、解説本が本屋に大量に並ぶほどで、今ではYouTubeで相当な数の解説動画が投稿されている。いつの日か、アンダーソンならではの壮大な物語の映画が製作される日もあるかも……?

Source: Goop , Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly