Menu
(0)

Search

マーベルアニメ「ホワット・イフ…?」フィル・コールソン再登場か ─ クラーク・グレッグが示唆「誰が現れるか分からない」

クラーク・グレッグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/26107791796/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品のフィル・コールソン役で知られるクラーク・グレッグが、MCUへの復帰を示唆している。

コールソンはS.H.I.E.L.D.のエージェントとして、MCU第1作『アイアンマン』(2008)より登場。以降、『アイアンマン2』(2010)『マイティ・ソー』(2011)『アベンジャーズ』(2012)と連続で出演した。

『アベンジャーズ』でコールソンの物語は大きな区切りを迎えたかと思われたが、2013年にスタートしたMCUドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013-2020)でさっそく再登場を飾っている。

2020年に「エージェント・オブ・シールド」が完結して以降、コールソンの再登場は伝えられていないが、このたび演じるクラーク・グレッグが自身のInstagramで気になる投稿をしている。

この投稿をInstagramで見る

Clark Gregg(@clarkgregg)がシェアした投稿

「無限の可能性を秘めたマルチバースに参加しましょう。マーベル・スタジオ初のアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』の新エピソードが、2021年8月11日からディズニープラスで、水曜日から配信開始です。誰が現れるか分かりませんよ。

クラークが告知したのは、投稿にある通りマーベル・スタジオ初のアニメーション・シリーズ「ホワット・イフ…?」の配信開始について。同作へのクラークの出演はこれまでに伝えられていない。

もっとも、公開された予告編にはコールソンの姿は確認できず、現時点でクラークの再演は断定できない。「誰が現れるか分かりません」と記しているあたり、自身の再演を示唆しているようにも捉えられそうだが……。もしもコールソンが再登場するとしたら、その設定が気になる。

ちなみに、マーベル・スタジオ幹部のヴィクトリア・アロンソ氏は、「ホワット・イフ…?」を「みなさんが大好きなキャラクターによる、サプライズたっぷりの」シリーズと形容している。

マーベル・スタジオのオリジナルアニメーションシリーズ「ホワット・イフ…?」は2021年8月11日(水)ディズニープラスで日米同時配信開始。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly