Menu
(0)

Search

『インクレディブル・ハルク』アボミネーションの復活、『シャン・チー』がふさわしかった理由 ─ 「シーハルク」での再登場に先がけて

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

2021年6月、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作シャン・チー/テン・リングスの伝説』に、とあるサプライズが仕掛けられていることが早くも判明した。MCU黎明期の一作、『インクレディブル・ハルク』(2008)のヴィランであるアボミネーションの登場が予告編で明らかになったのだ。闘技場のリングと思しき場所で、アボミネーションはドクター・ストレンジの相棒ウォンと戦っている。

約13年の沈黙を破り、なぜアボミネーションが『シャン・チー』で復活することになったのか? 米ComicBook.comでは、プロデューサーのジョナサン・シュワルツ氏がその舞台裏を語った。アボミネーションの再登場が確定するよりも先に、まずは激しいファイトシーンがあることが決まっていたというのである。

「デスティン(・ダニエル・クレットン監督)と私は、おなじみのキャラクター同士が派手に戦う場面をやる必要があるとわかっていました。そこで、誰がふさわしいか、誰が面白いか、誰なら良い戦いになるかという話し合いをしたんです。そして、最終的にアボミネーションがいいと決まった。今後の登場を考えれば、もっともストーリーの筋が通るように思いましたし、とにかくクールな、最高の戦いになるだろうと。」

シュワルツ氏がこう述べているように、すでにアボミネーションは今後のMCU作品にも姿を現すことが決定済み。ハルク/ブルース・バナーと因縁の深いアボミネーション/エミル・ブロンスキー(ティム・ロス)は、ブルースが再び登場するドラマシリーズ「シーハルク(原題)」にも登場するのだ。こうした展開も見据え、シュワルツ氏は「アボミネーションの見た目を一新するには(『シャン・チー』が)ふさわしかった」とも述べている。

かねてより、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は『シャン・チー』と『アイアンマン』(2008)を比較したコメントを繰り返しており、劇中には『インクレディブル・ハルク』からアボミネーションが登場する。MCUの歴史にきわめて意識的な本作は、ここからどのような地点を目指すことになるのか。『ブラック・ウィドウ』(2021)を経て、これが新たな物語の幕開けといっても過言ではなさそうだ。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日(金)全国公開。

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly