Menu
(0)

Search

バッキー・バーンズはどんな最期を迎えるのか ─ セバスチャン・スタンが持論語る「家庭を持つ」

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品では、さまざまなメインキャラクターたちとの別れや死が描かれてきた。マーベルファンは今後もさまざまな別れを経験することになると思われるが、演者側は一体どのような形で自身演じる役柄が死を遂げると考えているのだろうか。

Uproxxのインタビューにて、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のセバスチャン・スタンは、バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーの死について持論を語った。「200歳の男として家庭を持ち、ベッドの温もりを感じながら(死を)迎えたい。それが今の彼が歩むであろう道で、彼はそれに値するでしょう」。

数奇な運命を辿ってきたバッキーだが、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」ではデートをしている場面も登場していた。世界を救う任務や過去の苦悩から解放されて落ち着くことができれば、温かい家族を築き上げて、幸せな生活を送ることもできそうだ。

セバスチャンは、『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014)の公開当時にも同様の質問を投げかけられたことがあるようで、バッキーは自分の腕を引きちぎって、それで自分を殴り殺すだろうと当時話していたのだという。そんな物騒かつ悲惨な終わりではなく、バッキーには幸せな最期を迎えて欲しいところだ。

ちなみに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は残すところ、2話というところまで迫っている(本記事時点)。シーズン2が製作される予定も今のところはなく、マーベル・スタジオは今後数年に渡る作品の計画を発表しているが、バッキーが再登場することには残念ながら言及されていない。残り2話、バッキーの勇姿を目に焼き付けよう。

Source: Uproxx

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly