Menu
(0)

Search

クリス・パイン、『ワンダーウーマン 1984』への再登板に驚かず ― 前作撮影時から知らされていた

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』には、主演のガル・ガドットやパティ・ジェンキンス監督のみならず、前作『ワンダーウーマン』(2017)からもうひとりのキーパーソンが再登板する。スティーブ・トレバー役のクリス・パインだ。

BBC Radio 1のインタビューにて、クリスは『ワンダーウーマン 1984』への出演について聞かされた際のエピソードを回想している。

この記事には、映画『ワンダーウーマン』のネタバレが含まれています。

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スティーブ・トレバーの再登場、前作撮影時に知らされていた

『ワンダーウーマン 1984』にクリス扮するスティーブ・トレバーが登場することが判明した際、多くのファンは驚いたにちがいない。なぜなら前作のクライマックスにおいて、クリスは自分自身を犠牲にして、毒ガスを積んだ飛行機とともに空に散ったのである。
第一次世界大戦中、1917年を舞台とした前作から、タイトル通り1980年代を舞台とする続編へ。そもそもスティーブが生きていたことも驚きだが、すでに公開されている本編写真を見るかぎり、その容姿に目立った変化がないことも興味深い。

以前、クリスは『ワンダーウーマン 1984』にスティーブが登場することについて「なぜ戻ってくるのかは言えません」述べていた。さらに今回のインタビューで、クリスはスティーブの再登場を知った際にも驚かなかったことを明かしている。

まったく驚きませんでした。パティ(・ジェンキンス監督)が、前作の撮影の中盤あたりで(続編の)アイデアを聞かせてくれたんです。パティがアイデアを持っているのはすごく心強いことなんです。泥の中に種が落ちて、突然それが成長して木に育つようなものですから。彼女はなんでもやらせてくれますよ。テレビドラマを一緒に作った時も、彼女は完全に仕上がっていて、すべての役柄を身ぶりで示してくれたんです。」

ここでクリスが言及しているのは、クリスとパティ監督がタッグを組んだドラマシリーズ『I am the Night(原題)』(2019年1月米国放送予定)だ。『ワンダーウーマン』に続いて同作をともに手がけ、『ワンダーウーマン 1984』へと進んでいった二人は強い信頼関係で結ばれているようである。ところがクリスは、最初に『ワンダーウーマン』のオファーを受けた際、積極的に出演を引き受けるつもりはなかったそうだ。

「彼女に『ワンダーウーマン』の話を提案された時、出たいとは思わなかったんですよ。まず僕に向いてないと思いました、『ワンダーマン』じゃないし。でもレストランで会ったら、脚本も料理も出てくる前にストーリーを聞かせてくれて。僕は“やる!”って言いましたよ。“絶対やる、いつから始めたいんですか?”と。それがパティの楽しいところ、見事なところですね。」

ちなみにパティ監督が以前語ったところによると、『ワンダーウーマン 1984』でも、クリス演じるスティーブ・トレバーは「非常に重要」な役割を担うのだという。謎に包まれた再登場、その真実やいかに……。

続編『ワンダーウーマン 1984』には主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン役のガル・ガドット、スティーブ・トレバー役のクリス・パイン、アンティオペ役のロビン・ライト、そして女王ヒッポリタ役のコニー・ニールセンが前作から続投。新キャストとして、『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグが悪役チーターを演じるほか、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカルが出演。パティ・ジェンキンス監督が続投し、音楽は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)でワンダーウーマンのテーマ曲を制作した巨匠ハンス・ジマーが務める。

映画『ワンダーウーマン 1984』(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)は2020年6月5日に米国公開予定。前作『ワンダーウーマン』のブルーレイ&DVDは発売中。

Source: BBC Radio 1

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly