Menu
(0)

Search

ブラピ主演『ワールド・ウォーZ』続編、再び撮影延期へ?デヴィッド・フィンチャー監督のドラマ製作スタートにより

photo by Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:World_War_Z_(8994728692).jpg

ブラッド・ピット主演のパニック・ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』続編となる作品の撮影が、さらに延期されるようだ。今作で監督を務めるデヴィッド・フィンチャーが、Netflix配信の人気ドラマ「マインドハンター」シーズン2の製作に2018年4月より入るためだという。米国時間2018年4月19日、The Playlistが伝えている。

『ワールド・ウォーZ』の続編は当初『永遠のこどもたち』(2007)『怪物はささやく』(2016)のJ.A.バヨナが監督を務めるはずだったが、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年7月13日公開)撮影のためにプロジェクトを離脱。後任に『セブン』(1995)『ファイト・クラブ』(1999)などでピットとコンビを組んだ経験のあるデヴィット・フィンチャーが就任し、2018年早々にも撮影が始まるものかと思われていた

しかし2018年3月、ブラッド・ピットがクエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon A Time In Hollywood)』へ出演することが決定し、今作の撮影は2018年秋に延期されるのではないかと噂されていた。そしてこの度の報道によれば更に予定が繰り下げられ、撮影スケジュールは再び不明となった格好だ。

マックス・ブルックスによる同名小説を映画化した『ワールド・ウォーZ』(2013)は、全世界で5億ドルを超える興行収入を記録した大ヒット作品。人間を凶暴化させゾンビに変えるウィルスがある日を境に世界中で蔓延し、元国連職員のジェリー・レイン(ブラッド・ピット)が解決策を探すべく奔走する…という物語だ。『チョコレート』(2001)『007 慰めの報酬 』(2008)のマーク・フォースターがメガホンを取り、ブラッド・ピットは主演と製作を兼任していた。

何はともあれ、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットの黄金コンビが織りなす相乗効果を気長に待つこととしよう。

Source: The Playlist

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly