Menu
(0)

Search

ブラピ主演『ワールド・ウォーZ』続編、再び撮影延期へ?デヴィッド・フィンチャー監督のドラマ製作スタートにより

photo by Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:World_War_Z_(8994728692).jpg

ブラッド・ピット主演のパニック・ゾンビ映画ワールド・ウォーZ』続編となる作品の撮影が、さらに延期されるようだ。今作で監督を務めるデヴィッド・フィンチャーが、Netflix配信の人気ドラマ「マインドハンター」シーズン2の製作に2018年4月より入るためだという。米国時間2018年4月19日、The Playlistが伝えている。

『ワールド・ウォーZ』の続編は当初『永遠のこどもたち』(2007)『怪物はささやく』(2016)のJ.A.バヨナが監督を務めるはずだったが、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年7月13日公開)撮影のためにプロジェクトを離脱。後任に『セブン』(1995)『ファイト・クラブ』(1999)などでピットとコンビを組んだ経験のあるデヴィット・フィンチャーが就任し、2018年早々にも撮影が始まるものかと思われていた

しかし2018年3月、ブラッド・ピットがクエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon A Time In Hollywood)』へ出演することが決定し、今作の撮影は2018年秋に延期されるのではないかと噂されていた。そしてこの度の報道によれば更に予定が繰り下げられ、撮影スケジュールは再び不明となった格好だ。

マックス・ブルックスによる同名小説を映画化した『ワールド・ウォーZ』(2013)は、全世界で5億ドルを超える興行収入を記録した大ヒット作品。人間を凶暴化させゾンビに変えるウィルスがある日を境に世界中で蔓延し、元国連職員のジェリー・レイン(ブラッド・ピット)が解決策を探すべく奔走する…という物語だ。『チョコレート』(2001)『007 慰めの報酬 』(2008)のマーク・フォースターがメガホンを取り、ブラッド・ピットは主演と製作を兼任していた。

何はともあれ、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットの黄金コンビが織りなす相乗効果を気長に待つこととしよう。

Source: The Playlist

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly