『X-MEN: ダーク・フェニックス』音楽は巨匠ハンス・ジマー!ヒーロー映画引退宣言から2年、ついに封印解除

20世紀フォックス製作、映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:Dark Phoenix)』の音楽を巨匠ハンス・ジマーが手がけることが明らかになった。
2017年、『ダンケルク』『ブレードランナー 2049』『ドリーム』と話題作の音楽を次々に手がけ、その活躍ぶりで映画ファンの度肝を抜いた巨匠が、2年ぶりにヒーロー映画の世界へと帰ってくる。

ハンス・ジマー、ヒーロー映画引退宣言を撤回

このたび『X-MEN: ダーク・フェニックス』へのハンスの参加を明らかにしたのは、『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)以来クイックシルバー役を演じている俳優エヴァン・ピーターズだ。米MTVのポッドキャスト“Happy Sad Confused”にて、彼はサイモン・キンバーグ監督による製作現場を絶賛し、こう述べたのである。


「素晴らしい映画になると思います。ハンス・ジマーが音楽を作ってくれて……これ、言ってよかったのかわからないんですけど。」

クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』3部作のほか、『マン・オブ・スティール』(2013)、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)の音楽を手がけたハンスは、2016年『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を最後に「スーパーヒーロー映画は正式に引退する」と明言していた。しかし2017年1月には、「誰かが最高のアイデアを持ってきてくれるまで」とも述べており、興味の持てる企画があれば復帰する可能性を示唆している。

「人生でバットマンのテーマを2つ作らなきゃいけない人間がどれだけいると思います? 休みが必要だったんですよ。きっぱりと“休みが必要だ”と言わなきゃいけなかったんです。」

この言葉通り、ハンスは『バットマン vs スーパーマン』に続くDC映画ユニバース作品『ワンダーウーマン』(2017)、『ジャスティス・リーグ』(2017)には一切関わっていない。

 

『X-MEN: ダーク・フェニックス』にハンスが参加するということは、少なくとも本作は、彼が引退宣言を撤回するほどの企画、納得できる作品だったのだろう。
これまで本作については、プロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイが「これまでで一番エモーショナルかつ、一番哀しい」述べているほか、キーパーソンであるジーン・グレイ役のソフィー・ターナーは「私たちは革命を起こしているんです。スーパーヒーロー映画に、完全なる新ジャンルを作りたかったんですよ」話してきた。その濃密なドラマが、巨匠の心を動かしたということなのか……?

さて、ハンス・ジマーは2年ぶりの“封印解除”となるヒーロー映画でどんな音楽を聴かせてくれるのだろう。久々のマーベル映画、そして初めての『X-MEN』とのコラボレーションにも期待が高まるばかりである。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2018年11月2日に米国公開予定。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

(C)2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Sources: http://collider.com/hans-zimmer-x-men-dark-phoenix-composer/
http://collider.com/hans-zimmer-retired-batman-v-superman/
https://batman-news.com/2017/01/07/hans-zimmer-superhero-retirement-end-heath-ledger/
https://www.stitcher.com/podcast/happy-sad-confused/e/53007419?autoplay=true

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。