Menu
(0)

Search

『ゾンビランド:ダブルタップ』超強力な新予告編、ビル・マーレイ再び ─ エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソンら再結集

ゾンビランド:ダブルタップ

傑作ホラーコメディ『ゾンビランド』(2009)の10年ぶりとなる続編映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が2019年11月22日(金)に公開される。このたび、さらにノリと勢いを増した新予告編が到着した。


2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。生き残るための秘訣は、コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」だ。

そして、地球のゾンビ化がさらに激化した2019年。ゾンビたちはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた。4人に加え、今回は同じく生き残っていたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人々が、今度も武器を片手に、激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく。

そして、とある映画の取材現場でインタビューを受けているのは『ゴーストバスターズ』シリーズなどでおなじみのビル・マーレイ。前作『ゾンビランド』に続いての登場だが、取材で堂々と「クスリを買う金が欲しくて」と言い切る登場だ。ところで前作を観ている方ならば、ビルの登場自体が謎めいていることはもうお分かりだろう。さらに謎に包まれたゾンビランドを舞台に、4人のアカデミー賞(受賞およびノミネーション)俳優が再び大暴れする。

監督は前作を手がけたのち、『ヴェノム』(2018)を大ヒットさせたルーベン・フライシャーが再登板。脚本は、同じく前作を経て『デッドプール』シリーズをきっかけにブレイクしたレット・リース&ポール・ワーニックが執筆し、共同脚本としてデイブ・キャラハムが加わった。『ワンダーウーマン』(2017)続編や、マーベル・シネマティック・ユニバースの新作映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題:Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings)』を手がける注目株が、『ゾンビランド』の世界をさらに深く描き込む。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は2019年11月22日(金)、“ゾンビ深まる季節に”全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly