Menu
(0)

Search

『エイリアン』ドラマ版の脚本が完成、2023年に撮影開始へ ─ リメイク版「将軍 SHŌGUN」は撮影終了済み、2023年に米放送予定

エイリアン
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

SF映画の金字塔である『エイリアン』(1979)のドラマシリーズが、「FARGO/ファーゴ」(2014-)のノア・ホーリーおよびFXのもとで進行中だ。この度、FXのチーフであるジョン・ランドグラフが進捗を明かした。あわせて、FXによるリメイクドラマ「将軍(原題:Shōgun)」の情報も到着している。

2020年12月に始動したドラマ「エイリアン」。米Deadlineによると、クリエイターのノア・ホーリーはドラマの全ての脚本の提出を終えており、2023年より撮影を開始されるとのこと。米放送予定は2023年と伝えられていたこともあったが、2024年に移行する可能性もあり得る。

本作は、『エイリアン』シリーズとしては初の地球を舞台にした作品になるとのことで、それはシガニー・ウィーバーふんするリプリーが登場する以前の物語であるという。ランドグラフ氏は以前、「リプリーは登場しません」と伝えており、「エイリアン以外の過去の登場人物が出てくることはありません」と説明していた。なお、『エイリアン』(1979)のホラーと『エイリアン2』(1986)のアクション要素が組み合わさった作品になるとも伝えられている。

ドラマのクリエイターであるノア・ホーリーは、「レギオン」(2017-2019)を手掛けたことでも知られている逸材。プロデューサーには、『エイリアン』シリーズの生みの親である巨匠、リドリー・スコットが参加している。

ちなみに、FXによるドラマ「将軍」は、2022年6月に撮影が終了済みで、2023年に米国放送される予定とのこと。ジェームズ・クラベルの同名小説に基づく「将軍」は、幕末の日本を舞台に、異なる国出身のふたりの野心家と謎の女侍の衝突を描く物語。キャストには真田広之をはじめ、浅野忠信や二階堂ふみ、アンナ・サワイらが名を連ねている

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly