Menu
(0)

Search

「エージェント・オブ・シールド」最終シーズン、「エージェント・カーター」とクロスオーバーへ ─ 元軍人ダニエル・スーザがゲスト登場

https://www.instagram.com/p/B_AOGC7Iu6f/

完結直前にして、いよいよ本格クロスオーバーへ。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最長のドラマシリーズエージェント・オブ・シールド最終シーズン(第7シーズン)に、同じくMCUドラマエージェント・カーター(2015-2016)から、ダニエル・スーザ役のエンヴェア・ジョカイが出演することがわかった。米Entertainment Weeklyが伝えている。

「エージェント・オブ・シールド」はクラーク・グレッグ演じるフィル・コールソンを主人公に、S.H.I.E.L.D.のメンバーがさまざまな事件に挑んでいくシリーズ。かたや「エージェント・カーター」は、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)に登場したペギー・カーターが、1940年代のアメリカで極秘任務に携わるストーリーだ。物語の時間軸が大きく異なるゆえに、同じ米ABC局の製作でありながら、これまでクロスオーバーは実現していなかった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Entertainment Weekly(@entertainmentweekly)がシェアした投稿

「エージェント・カーター」に登場したダニエル・スーザは、戦略科学予備軍(S.S.R.)のエージェントであり、戦争で左足を負傷した退役軍人という設定。主人公ペギーに好意を寄せる人物としても描かれた。「エージェント・オブ・シールド」最終シーズンでは、“ゲスト登場”という扱いになるという。

演じるエンヴェア・ジョカイは、ダニエル・スーザを再演することは「考えたこともなかった」といい、驚きのコメントを寄せている。「いつでもまた戻りたいと思ってはいましたが、出演者の誰にもそんな時間はなかったと思います。みんな、次のプロジェクトに移らなければいけないから」。今回は待望のクロスオーバーとあって、スーザはフィル・コールソンとの邂逅を果たす。エンヴェアは「コールソンと共演して気づいたんですが、2人はそっくりなんですよね。思ってもみなかったですが、それがすごく面白いんです」と話した。

ところで気になるのは、スーザがどうやって「エージェント・オブ・シールド」に登場するのかということだ。シーズン6まで見ている方なら、きっと察しがつくかもしれないが……こうなると、さらなるゲスト出演にも期待したくなるのがファン心理というものである。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」最終シーズン(第7シーズン)は2020年5月27日より米国放送予定

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly