Menu
(0)

Search

3時間1分の『アベンジャーズ/エンドゲーム』、「4時間近いバージョンもあった」とルッソ兄弟

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でインフィニティ・サーガの最終章となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の上映時間は3時間1分もあり、MCU史上で最長となった。しかし同作には、それよりも長いバージョンが存在していたようだ。

WIREDのインタビューに、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で監督を務めたアンソニー&ジョー・ルッソ監督が登場し、本作に関する「6時間のディレクターズカットが存在しているのですか?」との質問に答えている。

まずジョーが、「今までで一番長かったのは3時間40分ぐらいだったと思う」と言うと、続けてアンソニーが、「『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム』のスーパーカットを作ったら、多分そうなるだろうね。おそらく4時間から6時間ぐらいの間かな。もしかしたら6時間になるかもしれない」と回答している。

さらにジョーが、最長となる3時間40分バージョンで本編入りしなかった40分は「削除に値する」とコメントすると、アンソニーも「そうだね」と同意し、「劇場公開版がディレクターズカットで、他にはないですよ」と断言している。

監督の発言から察するところ、2人は将来的にディレクターズカットをリリースするつもりはないようだ。だが、『エンドゲーム』が日本国内で上映終了を迎えた日に、特定の劇場にて特別映像が追加されたファイナル上映会が開催されている。その映像には、ハルクが活躍する未完成の削除シーンが含まれていた。その他に削除された映像には、行方がわからなくなっていたガモーラの「その後」を描いたシーンや、アントマンとワスプが登場するシーンもあったことがわかっている。

ちなみにタイカ・ワイティティ監督も、『ソー:ラブ&サンダー』のディレクターズカット版に興味がないと発言。MCU作品にはディレクターズカットを推奨しない監督も少なくないようだ。

Source:YouTube

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly