Menu
(0)

Search

『ベイビー・ドライバー』続編、脚本は完成済み ─ エドガー・ライト監督が認める

ベイビー・ドライバー
© 2017 TriStar Pictures, Inc. and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

エドガー・ライト監督の傑作カーアクション映画『ベイビー・ドライバー』(2017)続編の脚本が、完成済みであることがわかった。ライト監督が自ら明かしている。

『ベイビー・ドライバー』は、音楽を聴き続けることで天才的なドライビング・テクニックを発揮する“逃がし屋”ベイビーと周囲の人々を描いたカーチェイス・アクション。続編の製作については、製作の米ソニー・ピクチャーズとライト監督の双方が、第1作公開当時から前向きな姿勢を見せていた。2019年1月には脚本の初稿が完成したと伝えられ、同年7月に主演のアンセル・エルゴートが脚本に目を通したことを明かしていた。以降、製作の進捗は定かでなかったが、このたび米Varietyのインタビューにてライト監督本人が完成を伝えた。

インタビュアーより、「多くの人が『ベイビー・ドライバー』続編を待ち望んでいますよ」と投げかけられると、ライト監督は、「もう書かれています」と返答。いわく「3本の草稿を書いた」という。2019年初頭に判明した初稿から2度の改稿を経て、ひとまず完成したということだろう。

ライト監督は続編を望むファンのことも確かにSNS上で把握している模様。「ファンの方がSNSで心配しているのを見るのは興味深いですね。“今どうなってるんだろうね”って誰かが書いて、“でも今は世界的にパンデミックの最中だからな…”って。こればっかりは僕にも分からないですよ(笑)」。こう語るライト監督だが、ファンが懸念するその裏で、続編実現のための準備をしてくれていたようだ。

脚本の完成は明らかになったが、具体的な制作時期などについては言及されていない。それこそ、今後のコロナ禍の状況も大きく影響を及ぼすことになりそうだ。続報を待ちたい。

『ベイビー・ドライバー』には『ダイバージェント』シリーズなどのアンセル・エルゴート、実写版『シンデレラ』(2015)や『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)のリリー・ジェームズ、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)のジェイミー・フォックスらが出演した。

映画『ベイビー・ドライバー』ブルーレイ&DVDは発売中。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly