Menu
(0)

Search

2015年版『ファンタスティック・フォー』ジェイミー・ベル、復帰は「誰も観たくない」と自虐? ─ MCU版には期待大

ファンタスティック・フォー
© 2015 MARVEL

マーベル・コミックスに登場するスーパーヒーローチーム“ファンタスティック・フォー”の実写映画化作品は、ティム・ストーリー監督による『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005)と『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007)、ジョシュ・トランクがメガホンを取ったリブート版『ファンタスティック・フォー』(2015)が製作された。旧20世紀FOXがディズニーに買収されたことで、同フランチャイズがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でデビューすることが決定している。

そんななか、評価も興行成績も振るわずに続編が製作されなかったトランク版でザ・シング/ベン・グリムを演じたジェイミー・ベルが、米Comicbook.comのインタビューに登場。「マーベルの過去のキャラクターがカムバックしていますが、『ファンタスティック・フォー』への復帰に興味がありますか?もしくは、今となっては全てが過去ですか?」と質問された。

正直なところ、誰も観たくないと思います」と、トランク版のリブートについて自虐的なユーモアを交えつつ答えたベルは、それほどカムバックに興味はない様子。一方、MCUによるリブート企画については「楽しみにしていますし、観るのも実現することも待ちきれません。ケヴィン・ファイギ流に完全に理解された映画が、完成するのを目にするのが楽しみです。素晴らしい映画になるでしょう」とコメント。大きな期待を寄せているようだ。

以前には、ティム・ストーリー版2作でザ・シングを演じたマイケル・チクリスも、来たるMCU版について意見している。チクリスは「ダークで陰気なトーンは意図されていないし、『ダークナイト』になることも決してないでしょう」と述べ、「映画はハードコアでもダークでも、陰気になる運命でもありません。そう作ろうとしたら失敗するでしょう」とアドバイスしていた。

なお、新たにリブートされる『ファンタスティック・フォー』には、MCU版『スパイダーマン』トリロジーのジョン・ワッツが監督に就任していたが、2022年4月末に離脱が決定。新たな監督のもとで企画が再始動するものとみられる。

あわせて読みたい

Source:Comicbook.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly