Menu
(0)

Search

MCU版『ファンタスティック・フォー』脚本作業が始動

ファンタスティック・フォー

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版、映画ファンタスティック・フォー(正式タイトル未定)の脚本作業がスタートしていることがわかった。米Deadlineの記者、ジャスティン・クロール氏がTwitterにて明かした。

従来の映画版『ファンタスティック・フォー』シリーズは20世紀フォックス社が製作しており、2005年に『ファンタスティック・フォー』、2007年に続編『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』、そして2015年にリブート版『ファンタスティック・フォー』が公開された。ディズニーによるフォックス買収を経て、いよいよMCUにファンタスティック・フォーが合流することになる。

MCU版『ファンタスティック・フォー』の制作状況は明らかになっていないが、2021年2月20日(米国時間)にはジェニファー・ローレンスが出演するとのが流れていた。クロール氏の投稿は、この噂をある意味で否定するものだ。氏は「私が言えるのは、マーベルは『ファンタスティック・フォー』の脚本家たちとミーティングを始めたばかりだということだけ。まだ脚本は存在せず、撮影までにはしばらくかかる」と記した。

クロール氏が言及している“脚本家”が、すでにプロジェクトに正式関与している人物か、あるいは企画検討段階の候補者にすぎないのかは分からない。ただし、なんらかの脚本作業がスタートしていることは確かだろう。なお、監督のジョン・ワッツは過去に『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)を手がけており、現在は『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)を撮影中。ただし『ファンタスティック・フォー』の作業にも並行して携わっている可能性は高い。

ファンタスティック・フォーは、身体をゴムのように伸縮させるミスター・ファンタスティック/リード・リチャーズ、身体を透明化するインヴィジブル・ウーマン/スーザン・リチャーズ、身体を高熱の炎で包み、空を飛ぶヒューマン・トーチ/ジョニー・ストーム、岩石のような巨体を持つザ・シング/ベンジャミン・ジェイコブ・グリムの4人からなる、アメコミ史上初のスーパーヒーロー・チーム。MCU版はどんなアプローチで実現するか。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly