Menu
(0)

Search

DC映画『ブルービートル』に『テルマ&ルイーズ』スーザン・サランドンがヴィラン役で出演、シャロン・ストーンは降板か

Photo by GuillemMedina https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Susan_Sarandon,_Festival_de_Sitges_2017.jpg

DCコミックスのスーパーヒーロー、ブルービートルを主人公にした映画『ブルービートル(原題:Blue Beetle)』に、『デッドマン・ウォーキング』(1995)でアカデミー賞主演女優賞に輝いたベテラン演技派のスーザン・サランドンが出演することが明らかとなった。

The Wrapによれば、サランドンが演じるのは、映画のために新しく生み出されたヴィクトリア・コード(Victoria Kord)というヴィラン。現時点ではキャラクターの詳細は不明だが、2代目のブルービートル、テッド・コード(Ted Kord)の妻ではないかとも伝えられている。

同役には『氷の微笑』シリーズで知られるシャロン・ストーン決定したと報じられていたが、ストーンの代わりにサランドンが契約に至ったのではないかと見られている。

DC映画で初のラテン系スーパーヒーローとなるブルービートル/ハイメ・レイエス役で主演するのは、Netflixの人気ドラマ「コブラ会」(2018‐)のミゲル役で注目されたショロ・マリデュエナ。『ボーダーライン』(2015)のラオール・マックス・トゥルヒージョが不死身の男カラパックス役に起用され、ハイメの叔父ルディ役で『バレンタインデー』(2010)のジョージ・ロペスが出演。アドリアナ・バラーサ、エルピディア・カリーロ、ダミアン・アルカザールらもキャストに名を連ねている。

これまでにサランドンは5度もアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた経歴を持ち、代表作には『テルマ&ルイーズ』(1991)、『ロレンツォのオイル/命の詩』(1992)、『依頼人』(1994)などがある。

ブルービートルは、甲虫の形をした「スカラベ」なる装置により、全身をスーパーアーマーで覆って戦うヒーロー。1939年に米Fox Comicsで誕生し、その後、1950年代に米Charlton Comicsに権利が移譲。1983年にDCコミックスが権利を取得した。映画版では3代目のブルービートル、高校生のハイメ・レイエスが主人公になる。

『ブルービートル(原題:Blue Beetle)』は2023年8月18日に米公開予定。

Source:The Wrap

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly