Menu
(0)

Search

ディズニー&マーベル、『ブラックパンサー』アカデミー賞全部門へのアピールを開始 ― ヒーロー映画初の快挙なるか

ブラックパンサー
Black Panther (2018) Directed by Ryan Coogler ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

ウォルト・ディズニー・カンパニーおよびマーベル・スタジオは、映画『ブラックパンサー』(2018)を、来たる2019年の第91回アカデミー賞受賞に向けて全力でアピールしていく作戦だ。
ディズニーが賞レースに向けて開設したウェブサイト「FOR YOUR CONSIDERATION(ご検討いただくために)」では、『ブラックパンサー』のキャスト・スタッフが全部門にわたって並べられている。

https://disneystudiosawards.com/black-panther/consider スクリーンショット[2018/9/12 13:40現在]

特筆すべきは、ヒーロー映画も数多くノミネートされる視覚効果賞、音響編集賞といった技術面の部門のみならず、作品賞や監督賞(ライアン・クーグラー)、主演男優賞(チャドウィック・ボーズマン)、さらには歌曲賞(ケンドリック・ラマー、SZA“All The Stars”)といった部門もきちんとアピールされていることだ。ここまで攻めの姿勢を示しているということは、スタジオ側は『ブラックパンサー』の賞レース制覇によほどの自信があるということか……。

一方、本作で撮影を担当したレイチェル・モリソンは前回(第90回)のアカデミー賞にて撮影賞にノミネートされていた人物だ。衣裳デザインのルース・カーターは過去に2度のノミネート経験があるほか、美術監督のハナー・ビーチラーも複数の賞に輝いたキャリアの持ち主である。スタッフの顔ぶれとしては、彼女たちがアカデミー賞にノミネートされることはまったく不思議ではない。

すでに『ブラックパンサー』は、2018年のMTVムービー&TVアワードで4部門、サターン賞で5部門を制覇している。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「(『ブラックパンサー』には)最高の演技と最高の芸術性がある。それらが認められるところ、このジャンルが認められるところを見てみたい」アカデミー賞を狙う姿勢を示しており、ディズニー&マーベルは本作の作品賞獲得を目指して、オスカー獲得の戦略専門家であるシンシア・スワーツ氏を雇用するに至っている。

なお『ブラックパンサー』のアカデミー賞受賞について障壁となる可能性が指摘されていた「高い成果を収めた人気映画を対象とする新部門」については、主催の映画芸術科学アカデミーが設立の延期を発表している。したがって『ブラックパンサー』は、前回までと同じ条件下でオスカー像を他作品と争うことになるわけだ。果たしてどこまでノミネートされるのか、そしてヒーロー映画初の快挙となる主要部門の複数受賞となるか…!

映画『ブラックパンサー』MovieNEXは発売中。

Source: Disney
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly