マーベル『ブラックパンサー』は独立したストーリーに ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』との関係を予測

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で初登場した新ヒーロー、ブラックパンサーを主人公とする単独映画『ブラックパンサー』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の“直前作”だ。
しかし製作を担当するマーベル・スタジオは、本作をあくまで独立したストーリーとして構想しているという。

「独立したストーリー」、その意味は

これまでMCUは、独立した作品群を相互に繋げることによって、世界観を少しずつ拡大しながら大きなストーリーを構成してきた。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーといったキャラクターを『アベンジャーズ』(2012)で集合させ、さらに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)で地球外のストーリーを描いて、それぞれのヒーローにはそれぞれの物語を与える。やがて作品の壁を超えてキャラクターは行き来するようになり、ヒーローたちの物語がゆるやかに繋がるなか、驚くべき力を持つインフィニティ・ストーンの存在感が高まっていく……。


こうした中で近年登場してきたのが、のちに『シビル・ウォー』に合流したアントマン、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)にも顔を出したドクター・ストレンジ、そしてスパイダーマンだ。しかしその単独映画第1作は――やや複雑なリンクを示した『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)を除いて――他とはあまり繋がりのない作品だった。たとえば『ドクター・ストレンジ』(2016)を撮ったスコット・デリクソン監督は、そのクリエイティブな自由度を保証されていたという。

しかし『ブラックパンサー』の場合、また事情が異なるといっていいだろう。前述の通り『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の直前となるほか、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で主人公ティ・チャラの父親が殺されてしまったこと、ヴィランのユリシーズ・クロウが『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)に登場していたことは、すでに大きな「リンク・ポイント」といえるものだ。

『ブラックパンサー』でプロデューサーを務めるネイト・ムーア氏は、米ScreenRantの取材に対して、こうしたリンクを認めながらも、あくまで本作が独立したストーリーを志向したことを明らかにしている。

「(『ブラックパンサー』は)もともと他の作品とリンクしています。『シビル・ウォー』や『エイジ・オブ・ウルトロン』と繋がっていますからね。ですから、一連の出来事ではあるんですよ。
ただし『ドクター・ストレンジ』のように、この映画も、他との繋がりを超えて独立しうるだけのストーリーテリングを有していると思います。ライアン(・クーグラー監督)には、MCUで起こったことに縛られずに物語を描いてほしいと思ったんです。ただし、この映画の出来事がMCUに影響をもたらさないということではありませんよ。それでも、この映画自体はMCUの他のプロットに依存していないんです。」

したがって本作は、『シビル・ウォー』『エイジ・オブ・ウルトロン』の影響下にありながらも、絶対に予習が必要となるストーリーではないのだろう。同時に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の直前作として、そのお膳立てをするような物語でもなさそうだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編の謎

とはいえ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編には、『ブラックパンサー』の要素が意味深な形で登場している。ティ・チャラ/ブラックパンサーがキャプテン・アメリカの盾について言及しているほか、映像の終盤でヒーローたちが集結しているのは、ティ・チャラが治めるワカンダ王国とみて間違いない。

もっとも『ブラックパンサー』の公開前にリリースされた本予告編に、本作の要素がたくさん忍ばされていることは、マーベル・スタジオによる巧妙なプロモーション戦略の一環として捉えることもできる。なにせ、「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のためには『ブラックパンサー』を観なければいけないのでは」と思わせるには十分な仕上がりの映像なのだ。ソー役のクリス・ヘムズワースも、この予告編について「“えっ、こんなに出さないんだ”って思いました」コメントしているだけに、ワカンダのシーンが本編のごく一部にすぎない可能性も否定できない。

現状、『ブラックパンサー』で明らかになるとみられているのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の下準備となる、インフィニティ・ストーンの“最後のひとつ”ソウル・ストーンの正体とその在り処だ。ワカンダ王国がそのカギを握っているはずだが、逆にいえば、この一点を除いて、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の用意がどこまで行われるのかは定かでない。

 

プロデューサーのネイト氏は『ドクター・ストレンジ』のように」と述べているが、よくよく思えば『ドクター・ストレンジ』は、インフィニティ・ストーンのひとつであるタイム・ストーンの存在が示されたほか、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の前振りすら用意された作品だった。確かに物語は独立していたが、MCUの1本としてはその役割を十分果たしていたのである。同じく『マイティ・ソー バトルロイヤル』も、ストーリーや演出こそ独自路線ながら最後の最後にサプライズがあった。きっと『ブラックパンサー』にも“なにか”があるに違いない……。

なお本作の脚本を執筆したのは、『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)でも脚本・監督を務めたライアン・クーグラー監督と、ドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー』(2016)を手がけたジョー・ロバート・コール。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)にも似ているという、骨太なストーリーテリングに期待できそうだ。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー。

マーベル『ブラックパンサー』は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に近い作風に ― 政治的要素、ユーモアの取り扱い方

Source: https://screenrant.com/black-panther-infinity-war-set-up/
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。