Menu
(0)

Search

「マンダロリアン」解雇のジーナ・カラーノ、ルーカスフィルム作成の謝罪文を拒否したと証言 ─ 米ハズブロ、キャラ・デューン関連商品を停止

Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19136256333 CC BY-SA 2.0

スター・ウォーズ』実写ドラマ「マンダロリアン」主要キャストのジーナ・カラーノが、特定の政治観・価値観に基づくSNS投稿で物議を醸しルーカスフィルムから解雇され、間もなく1週間が経つ。業界メディア大手のThe Hollywood ReporterDeadlineは、ジーナ・カラーノ解雇騒動の新情報をアップデートしている。

「マンダロリアン」でジーナ・カラーノは、メイン・キャストのひとりである元反乱軍の屈強な戦士キャラ・デューン役を演じた。『スター・ウォーズ』アクション・フィギュアなどでおなじみの米玩具大手Hasbro社は今後、キャラ・デューン関連の商品を製造する予定はないとThe Hollywood Reporterに回答している。

同メディアは関係者からの声として、キャラ・デューンは予定されている「ボバ・フェット」スピンオフ作品に登場する予定はないものの、「物語と商品販売、両者の理由から」今後リキャストがなされるだろうと伝えている。一方でルーカスフィルムの関係者はリキャストを見込んでいないとの反対意見も伝えられており、現時点で情報が錯綜している模様だ。

カラーノ本人は、ルーカスフィルムの解雇発表からわずか2日後に独自の新映画を製作すると発表。これは保守系ニュースメディアのThe Daily Wireと共に、同メディアサイト会員限定で公開予定の映画で、カラーノは「全体主義のモブたちによるキャンセルの恐怖に生きる人々に、希望のメッセージを直に送ります」「私たちの許可なく、私たちをキャンセルさせない」と主張。The Daily Wire創設者で政治評論家のベン・シャピロも、「権威主義的なハリウッドの左翼を侮辱したとして、ディズニーとルーカスフィルムに捨てられた素晴らしい才能を持つジーナ・カラーノ」「考え方が違うというだけでキャンセルを続けるハリウッドに見せつけてやるのです。彼らは私たちに、デス・スターを撃ち落とすX-ウイングを作らせているのだと」と伝えており、彼らは事実上、ディズニーやルーカスフィルムを相手に反旗を翻した格好だ。

このニュースを独占で伝えていた米Deadlineは、カラーノへ新たなインタビューを行っている。カラーノが話したところによると、 「マンダロリアン」シーズン2の配信前、カラーノがSNSのプロフィール表記をめぐってトランス・コミュニティを侮辱しているとされた騒動(2020年9月頃。詳細はこちらの記事を参照)に対し、当時ルーカスフィルム側が謝罪文を作成し、カラーノから発表させたがったという。

しかしカラーノがこれを拒否し、「自分の言葉で声明を出す」と申し出た。後にカラーノは「トランスの方々を嘲笑したつもりはなかった」「ヘイトだって笑顔で受け取ることができるんだと知ってほしかった」とツイートしている。これについてカラーノはこの度、「バイオ(SNSのプロフィール)に代名詞を入れろと強要してくるモブたちの攻撃の注意をひこうとしただけでした」と改めている。

カラーノによればこの結果、ルーカスフィルムは「マンダロリアン」シーズン2(2020年10月30日配信)のプロモーションからカラーノを追い出したという。「心が痛みました。でも、あの企画でご一緒した皆さんの苦労を奪いたくなかった。だから、オーケーと答えたんです。公表する声明や謝罪についてルーカスフィルムとやり取りをしたのは、それが最後のことでした」。

解雇騒動時、ルーカスフィルムはTwitter上で「ジーナ・カラーノをクビにしろ」と訴えるハッシュタグ“#FireGinaCarano”がトレンド入りしてから約6時間で、メディアを通じて解雇通告を下していた。カラーノの説明を受ければ、この時ルーカスフィルムは本人への連絡なく声明を発表したということになる。

「マンダロリアン」シーズン3は2021年4月より撮影を開始する見込みと伝えられている。キャラ・デューンは重要キャラクターだっただけに、物語への影響は少なからず生じるだろう。カラーノがルーカスフィルムに対立的である以上、再雇用は絶望的だ。キャラ・デューンは物語から姿を消すのか、あるいは代役が立てられるのか。評判のシリーズだっただけに、思わぬトラブルには製作陣もファンも気をもんでいることだろう。

Source:The Hollywood Reporter,Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly