フィル・コールソン、アベンジャーズと「驚くべき」再会の可能性が判明 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』登場ありうる?

マーベル・シネマティック・ユニバースには、かつてヒーローの抜擢と結集に一役買った男がいた。ニック・フューリーの片腕として働いたS.H.I.E.L.D.の敏腕エージェント、フィル・コールソンだ。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーらの登場に関わった彼は、映画『アベンジャーズ』(2012)でロキの攻撃によって命を落としてしまう。しかし、その後ひっそりと復活した彼は、現在、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013-)の主人公を務めている。

映画の世界からいなくなってしまったコールソンが、今後アベンジャーズのメンバーと再会することはないのか? トニー・スタークやスティーブ・ロジャースらが、コールソンの生還を知ることは……。しかしようやく、ファンの間で待ち望まれた“再会”が果たされることになるのかもしれない。
コールソン役のクラーク・グレッグ、そして『エージェント・オブ・シールド』のプロデューサーであるジェフ・ローブ氏が米Entertainment Weekly誌のインタビューで意味深な発言を残したのだ。

コールソンとアベンジャーズ、「驚くべき」再会の可能性


コールソン役のグレッグは、これまで「アベンジャーズとの再会はないんでしょうか?」と問われると、常に可能性はあると思います」「わかりませんが、すごく嬉しいですと述べて、徹底的に明言を避けてきた。今回のインタビューでも、グレッグ自身の発言はその方針からほとんどブレていない。

「(映画とテレビの)世界をつなげるにふさわしいタイミングだと(マーベルが)判断したら、そうなるでしょうね。僕もそうなってほしいんですけど、その一方で、(『エージェント・オブ・シールド』で)いい仕事をするのに手一杯ですから。」

しかしプロデューサーのローブ氏は、こんな言葉を口にしているのだ。

「(コールソンとアベンジャーズの問題は)何らかの形で解決されるでしょう。とても驚くべき方法で解決されるかもしれませんね。」

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成にあたる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には、数々のヒーローをはじめとして、これまで登場したあらゆるキャラクターが登場するとみられている。コールソンが再登場するにはうってつけの機会だが、ローブ氏は同作のタイトルには言及していない
ただし米国で放送中の『エージェント・オブ・シールド』シーズン5が2018年5月に終了し、その後のシリーズ続行が不透明であること、またそれまでにアベンジャーズのメンバーがゲスト出演するとは考えづらい以上、引き続き、コールソンとアベンジャーズの再会する機会として有力なのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』あるいは2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)に変わりないだろう。

 

これまでマーベル側は、コールソンの映画復帰、およびテレビと映画のクロスオーバーについては曖昧な発言を続けており、時には否定的なコメントを発してきた。ここにきてプロデューサーが意味深な発言をしているということは、おそらく、何かが起きていることは間違いないのでは……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー
なお、ドラマ『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン4は2018年4月28日よりBS局Dlifeにて放送される。

Source: http://ew.com/tv/2018/03/09/avengers-coulson-alive-infinity-war-shield/
(C) 2016 MARVEL

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。