Menu
(0)

Search

『クロウ/飛翔伝説』リブート企画は現在も存在 ─ 監督と出演者を近々発表とプロデューサー

クロウ/飛翔伝説
© Buena Vista 写真:ゼータ イメージ

いまなおカルト的人気を誇る映画、『クロウ/飛翔伝説』(1994)。そのリブート企画は度重なる毎に浮上しては消えていたが、どうやら企画自体は現在も存在しているようだ。

本企画にはこれまでブラッドリー・クーパー、ルーク・エヴァンス、ジャック・ヒューストンが主演に浮上したものの、3名とも降板した。2018年には、ソニー・ピクチャーズ製作のもと、ジェイソン・モモア主演で、2019年10月11日の公開を目標に再始動。しかしこちらも発表から数ヶ月後には、モモアと当時就任していた監督が離脱したことで頓挫してしまった

それからしばらく経ち、2020年2月に企画が再び始動したことが明らかになったのだ。当時の報道によると、以前から製作、出資、配給権利を保有していたDavis Filmsが、リブート企画に着手しているとのことだった。しかし、その後に本企画に関する続報は届かず、現在までに至っている。

そんな中、このたびオリジナル版でも製作総指揮を務めていたエドワード・プレスマンが、IndieWireのインタビューにて企画がいまも存在することを認めた上で、近いうちに新監督と出演者が発表する見込みと予告。ジェイソン・モモア主演版では、『ザ・ハロウ/侵蝕』(2015)『死霊館のシスター』(2018)などのコリン・ハーディが就任していた。ホラージャンルを得意とする監督が起用されていたわけだが、果たして新監督にはどんな人物が就任するのか、注目が集まる。

クロウ/飛翔伝説
© Buena Vista 写真:ゼータ イメージ

オリジナルの『クロウ/飛翔伝説』は、ブルース・リーの息子、ブランドン・リーを主演とした作品。ある日婚約者と共に暴漢によって惨殺されるも、カラスの力によって蘇った男の復讐の物語が描かれた。ラストの銃撃場面を撮影する際、なぜか銃身に実弾が入っており、ブランドンが被弾し亡くなってしまったという、“いわくつきの作品”としても知られている。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly