Menu
(0)

Search

【対談】カンバーバッチ&ヒドルストン、大いに語る!マーベル映画/テレビと映画の違い/同じ役を何度も演じる心境について

ベネディクト・カンバーバッチ&トム・ヒドルストン。いまや日本でも高い人気を誇る彼らは、ともにイギリス出身の俳優であり、映画『戦火の馬』(2011年)での共演以前から親交の深い友人同士でもある。

このたびインタビュー・マガジン誌に、ヒドルストンにカンバーバッチがインタビューするという企画が掲載された。俳優同士のガチ対談にしてふたりの仲の良さもうかがえる内容だ。本当はまるごとご紹介したいが、ここではその一部、THE RIVER的においしいところをお楽しみいただきたい。

ヒドルストン&カンバーバッチの見た「マーベル映画」

今回のインタビューは、『ソー/ラグナロク(原題)』の撮影でオーストラリアに滞在中のヒドルストンにカンバーバッチが電話をするという形式で実現している。したがってインタビューの始まりは、まさに撮影中の映画の話題だった。

『ソー/ラグナロク』の撮影について

カンバーバッチ: じゃあ(インタビューを)始めるけど、地球の裏側で髪の毛とツノを付けて、クリス・ヘムズワース[ソー役]と再び仕事するのはどんな感じだい?タイカ・ワイティティ監督はどう?

ヒドルストン: もう4年もロキを演じてなかったから、すごく楽しいよ。衣裳を着たのも2013年のサンディエゴ・コミコン以来さ。[中略]正直に言って、クリス・ヘムズワースとまた仕事できるのは最高だよ。彼と初めて会ったのは2009年、イングランドにあるケネス・ブラナー(『マイティ・ソー』監督)の家だった。俳優人生のほんの序盤で、僕らはただの子供だったね。そこで“ひとときの関係”になってから、彼といっしょに夢中でマーベルを旅してるんだ。

ヒドルストンタイカ・ワイティティ監督は最高だよ。目の前のすべてに敬意を払いながら、きちんと彼なりの仕事をしてる。とても面白い男さ。もし観てなければぜひ観てほしいけど、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』や『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(原題)』といった彼の映画には、楽しさやユーモア、情緒がすべて入ってて、とても感動的だよ。登場人物みんなが本当に幸せなんだ。もちろん、僕らの撮影は始まったばかりだけどね。

カンバーバッチ: 撮影はあとどれくらいあるの?

ヒドルストン: 11月の初めまでここ(オーストラリア)にいるよ。

カンバーバッチ: なるほど、まだまだ残ってるな。じゃあ君はオーストラリアで冬を迎えるのか、イギリスの冬よりはさぞ快適だろうな……。

カンバーバッチ、『ドクター・ストレンジ』とマーベル映画を語る

カンバーバッチの『ドクター・ストレンジ』出演によって、ふたりは新たにマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の登場人物という共通点を持つことになる。映画に出演した感想をカンバーバッチはこう語っている。

ヒドルストン: マーベル・ユニバースに参加してどうだった?

カンバーバッチ: なによりも(マーベル・ユニバースの)一部であるということが全てだね。コミコンに行くのは、(自分たちが)やったことをファンに返す良い方法だ。すごく怖かったよ、ピンク・フロイドになったみたいだった。「やあ、こんにちは」って言うとみんなが絶叫するのさ。こっちはビックリするし笑っちゃうし、あれには慣れるかどうか分からないな。

とはいえ、カンバーバッチは『ドクター・ストレンジ』やMCUの世界をとても楽しんでいるようだ。

カンバーバッチ: (映画で)どんな風にユニバースが広がるのか、早く観たくてたまらないよ。僕も君たちのクルーの一員になるしね。しかしスゴい出演者だ。俳優として今後あるかどうか、というほど楽しくてキツい仕事さ。(周りは)みんな自分の扱い方を熟知してるし、題材は挑戦的でウィットに富んでて、演じるのはとても楽しいよ。ドクター・ストレンジは複雑でおかしくて、でもエキサイティングなキャラクターだしね。

ちなみにコミコンの壇上で戸惑いまくるカンバーバッチの様子はこちら

テレビドラマと映画の違い

カンバーバッチとヒドルストンは、ともに映画やテレビドラマ、舞台と幅広いジャンルで活躍している。では、ふたりはジャンルの違いをどのように捉えているのだろうか。ヒドルストンが主演と製作総指揮を務めたドラマ『ナイト・マネジャー』の話題で、彼はその実感について話している。

ヒドルストン: 『ナイト・マネジャー』の製作は最高だった。僕らは6時間の作品を作るみたいに感じてたのさ。360ページの脚本をひとりの監督(スサンネ・ビア)で撮るというつもりで、コンテを描いてスケジュールを立てたよ。[中略]最近、誰かに「テレビに戻ってきてどんな気分?」って聞かれたけど、別に違いは感じなかったね。観てる人のほうが、(テレビと映画の)違いを僕たちよりも強く感じるんじゃないかな

ドラマ『ナイト・マネジャー』 (Photo Credit: Des Willie /The Ink Factory/AMC) http://collider.com/the-night-manager-review-tom-hiddleston/
ドラマ『ナイト・マネジャー』 (Photo Credit: Des Willie /The Ink Factory/AMC)
http://collider.com/the-night-manager-review-tom-hiddleston/

ヒドルストン: (テレビと映画の違いを)どう思う?ずいぶん長いこと、君はテレビと映画を同時にやってるだろ。『シャーロック』の第1話が放送された次の日、僕たちは一日中馬に乗ってた……『戦火の馬』のトレーニングで、君が馬から落ちた時のことさ。『シャーロック』がとんでもない社会現象になったのを思い出すなあ。あれから3シーズンやったんだよね?

カンバーバッチ: 4シーズンだよ。あとクリスマス・スペシャルが1回と……[筆者注:インタビュー時、すでにシーズン4の撮影は終了していたと思われる]

ヒドルストン: それと『それでも夜は明ける』に『イミテーション・ゲーム』に、あと僕がよく知らない作品もたくさんあるよな。休んでないだろ。

カンバーバッチ: そこを幸い休んでるから、こうして君と喋れてるんじゃないか。楽しいけど、僕らが言ったことは録音されて文字になるんだぞ。電話を切ったら話し合わなきゃいけないな……ごめんよ、でもキリがないだろ。僕は、テレビと映画は互いに得るものがあると思う。観る人の感覚が俳優より強いのにも理由があるよ。テレビだと(製作側に)細かい要求がある。みんな予算の厳しさには気づくんだよ。なによりも時間と予算の限界に気づかれる。でもきっと、脚本への熱意や作品の届き方はもっと良くなるさ。大勢の期待や欲望を超えるために、僕たちは最良の結果を出そうとしてるんだから。

ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』 http://www.pbs.org/wgbh/masterpiece/programs/features/news/sherlock-returns/
ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』
http://www.pbs.org/wgbh/masterpiece/programs/features/news/sherlock-returns/

ホームズ&ロキ、同じ役柄を何度も演じること

ヒドルストンがロキ役を演じるのは『ソー/ラグナロク』で4回目出番をカットされた『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を含めれば5回目)。一方でカンバーバッチは、『SHERLOCK/シャーロック』のホームズ役を(シーズン4も含めて)合計14回演じている。インタビューには、同じ役柄を何度も演じる心境をカンバーバッチが尋ねられる場面もあった。

ヒドルストン: ホームズやロキみたいに、同じ役柄をふたたび演じることをどう考えてる?はじめて演じる時とは違うの?

カンバーバッチ: 僕は(再び演じる場合でも)役柄をはじめて発明したときと同じように臨むべきだと思う。そこには以前の自分が作ったものがあるし、目で見てわかる具体的な特徴は消せないしね。僕の場合はハットとコートさ。君もツノには苦労しただろう。もし許されるならこう言いたいけど、役柄を発明し直したいと感じなければ終わりだと思うんだよ。だって興味深いことだし、純粋に楽しいものだからね。脚本が良くなかったり、以前と違うことがその役柄に求められていないなら、僕もそんなことしないだろうけど。本や役柄がおもしろければ、新しい演技プランは出せるよ。

さらにカンバーバッチは、作品の登場人物を「わかりやすい、何も描かれていないキャンバスのようなもの」だとも語っている。

カンバーバッチ: ロキは姿を変えるイタズラ好きの神で、あらゆるものになることができる。たったひとりの顧問探偵はいきなり外国語を喋れて、カンフーや手話もやってのける……。でも、ここにはまだ知られてないことがたくさんあるだろ。ずっと仕事をしていると、僕はそこに親しみを覚えてくるんだ。これは舞台で古典の役柄を何度も演じるときも同じだと思うよ。たとえばハムレットをあちこちで何回も演じなきゃいけないとき、僕はどんなことを考えてるだろう?だって、同じセリフに同じ展開、同じ登場人物たちだよ。何も変わらない。変わってるのは(自分の)背景や考えだよ

舞台『ハムレット』 (Photo credit: Johan Persson) http://www.westendframe.com/2015/08/new-production-images-released-for.html
舞台『ハムレット』 (Photo credit: Johan Persson)
http://www.westendframe.com/2015/08/new-production-images-released-for.html

カンバーバッチ主演の『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日に日本公開予定。ヒドルストンがロキを演じる『ソー/ラグナロク』は米国では2017年11月3日に公開される予定だ。

なお記事に作品名が登場した、ドラマ『ナイト・マネジャー』はAmazonプライム・ビデオにて独占配信中『SHERLOCK/シャーロック』シーズン4は2017年初頭に放送される模様。

source: http://www.interviewmagazine.com/film/tom-hiddleston

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

  1. OP3-C

    ストレンジの日本公開が2016年になってます。

    本国では2016年、、、またインスタでネタバレ盗撮の嵐、、、CACWみたいに日本先行か同時上映にしてほしい。。

    1. Takatoshi Inagaki

      『ドクター・ストレンジ』公開日に関する誤表記のご指摘、誠にありがとうございました。修正させていただきました。

      日本国内は12月が激戦ということもあり(全世界同時公開ですが『ローグ・ワン』もありますしね)、
      ディズニーとしてはわざわざ年末年始に公開することを避けた、という感じかもしれませんね。
      とはいえ3ヶ月近く遅れての公開はかなり厳しいです……。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly