Menu
(0)

Search

ディズニーの20世紀フォックス買収、2018年内に完了の可能性が浮上 ― 米報道

ディズニー

米ウォルト・ディズニー・カンパニーと21世紀フォックスの事業統合が、当初の予測を上回る早さで完了する可能性が浮上してきた。米Deadlineが報じている。

2018年6月、ディズニーは21世紀フォックスの映画事業(20世紀フォックス)やテレビ事業(FOX ネットワークスなど)をはじめとした複数の事業を713億ドル(7兆8,430億円※1ドル110円換算)で買収することで最終合意を果たしていた。事業統合が最初に告知された2017年12月時点で、統合完了までには少なくとも1年半を要するとみられており、事業統合は2019年夏ごろになると予想されていたのだ。

このたび米Deadlineは独自の取材によって、一部の関係者が、2018年内にディズニーとフォックスの事業統合が完了する可能性があることを示唆したと伝えている。あくまで匿名の関係者による情報のため信憑性には疑問が残るものの、スムーズに事業統合の作業や話し合いが進んでいる可能性はありそうだ。2018年内の統合完了が実現しない場合でも、2019年の早期に大きな知らせが届くこともありうるだろう。

これまでディズニーと21世紀フォックスの事業統合は紆余曲折をたどっており、2017年12月に両社が事業統合をはじめて発表したのち、同じくフォックスの事業を狙っていた米大手通信会社のコムキャストがディズニーを上回る条件で事業買収を再提案。これを受けて、ディズニーとフォックスは最終的な買収額である713億ドルで事業統合に再合意した。2018年7月、コムキャストはフォックスの事業買収を断念したことを発表し、その後ディズニーとフォックスの事業統合は両社の株主によって承認を受けている

ディズニーによるフォックスの事業買収の大きな狙いは、2019年に米国で開始される予定の自社映像配信サービスの体制強化や、フォックスが保有する「スター・ウォーズ」やマーベル・キャラクターの権利取得にある。なおウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEOは、事業統合の完了後には、映画『X-MEN』シリーズをマーベル・スタジオが指揮する方針をすでに明かしている状況だ。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly