ディズニーの20世紀フォックス買収、2018年内に完了の可能性が浮上 ― 米報道

米ウォルト・ディズニー・カンパニーと21世紀フォックスの事業統合が、当初の予測を上回る早さで完了する可能性が浮上してきた。米Deadlineが報じている。

2018年6月、ディズニーは21世紀フォックスの映画事業(20世紀フォックス)やテレビ事業(FOX ネットワークスなど)をはじめとした複数の事業を713億ドル(7兆8,430億円※1ドル110円換算)で買収することで最終合意を果たしていた。事業統合が最初に告知された2017年12月時点で、統合完了までには少なくとも1年半を要するとみられており、事業統合は2019年夏ごろになると予想されていたのだ。

このたび米Deadlineは独自の取材によって、一部の関係者が、2018年内にディズニーとフォックスの事業統合が完了する可能性があることを示唆したと伝えている。あくまで匿名の関係者による情報のため信憑性には疑問が残るものの、スムーズに事業統合の作業や話し合いが進んでいる可能性はありそうだ。2018年内の統合完了が実現しない場合でも、2019年の早期に大きな知らせが届くこともありうるだろう。

これまでディズニーと21世紀フォックスの事業統合は紆余曲折をたどっており、2017年12月に両社が事業統合をはじめて発表したのち、同じくフォックスの事業を狙っていた米大手通信会社のコムキャストがディズニーを上回る条件で事業買収を再提案。これを受けて、ディズニーとフォックスは最終的な買収額である713億ドルで事業統合に再合意した。2018年7月、コムキャストはフォックスの事業買収を断念したことを発表し、その後ディズニーとフォックスの事業統合は両社の株主によって承認を受けている

 

ディズニーによるフォックスの事業買収の大きな狙いは、2019年に米国で開始される予定の自社映像配信サービスの体制強化や、フォックスが保有する「スター・ウォーズ」やマーベル・キャラクターの権利取得にある。なおウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEOは、事業統合の完了後には、映画『X-MEN』シリーズをマーベル・スタジオが指揮する方針をすでに明かしている状況だ。

Source: Deadline

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。