Menu
(0)

Search

ディズニーの20世紀フォックス買収、2018年内に完了の可能性が浮上 ― 米報道

ディズニー

米ウォルト・ディズニー・カンパニーと21世紀フォックスの事業統合が、当初の予測を上回る早さで完了する可能性が浮上してきた。米Deadlineが報じている。

2018年6月、ディズニーは21世紀フォックスの映画事業(20世紀フォックス)やテレビ事業(FOX ネットワークスなど)をはじめとした複数の事業を713億ドル(7兆8,430億円※1ドル110円換算)で買収することで最終合意を果たしていた。事業統合が最初に告知された2017年12月時点で、統合完了までには少なくとも1年半を要するとみられており、事業統合は2019年夏ごろになると予想されていたのだ。

このたび米Deadlineは独自の取材によって、一部の関係者が、2018年内にディズニーとフォックスの事業統合が完了する可能性があることを示唆したと伝えている。あくまで匿名の関係者による情報のため信憑性には疑問が残るものの、スムーズに事業統合の作業や話し合いが進んでいる可能性はありそうだ。2018年内の統合完了が実現しない場合でも、2019年の早期に大きな知らせが届くこともありうるだろう。

これまでディズニーと21世紀フォックスの事業統合は紆余曲折をたどっており、2017年12月に両社が事業統合をはじめて発表したのち、同じくフォックスの事業を狙っていた米大手通信会社のコムキャストがディズニーを上回る条件で事業買収を再提案。これを受けて、ディズニーとフォックスは最終的な買収額である713億ドルで事業統合に再合意した。2018年7月、コムキャストはフォックスの事業買収を断念したことを発表し、その後ディズニーとフォックスの事業統合は両社の株主によって承認を受けている

ディズニーによるフォックスの事業買収の大きな狙いは、2019年に米国で開始される予定の自社映像配信サービスの体制強化や、フォックスが保有する「スター・ウォーズ」やマーベル・キャラクターの権利取得にある。なおウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEOは、事業統合の完了後には、映画『X-MEN』シリーズをマーベル・スタジオが指揮する方針をすでに明かしている状況だ。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly