Menu
(0)

Search

【考察】『ドクター・ストレンジ/MoM』真のヴィランは誰?「ナイトメア」ついに登場説

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
(c) Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの公開が近づいている(2022年5月4日日本公開)。これまでに届けられた予告編映像では、邪悪な姿をした「もう1人のストレンジ」や、格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズでもお馴染みのシュマゴラス(名前はガルガントスというらしい)が登場しており、彼らがヴィランになるものと思われる。

しかし、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を経たMCUである。『マルチバース・オブ・マッドネス』本編は、本当に予告編通りの展開にとどまるだろうか?もしかしたら、真のヴィランは別に用意されているのではないか?今、ファンの間で 特に有力視されているのは、「ナイトメア」というヴィランの登場だ。それなりに説得力のある裏付けもある。

ナイトメアとは

1963年の『Strange Tales Vol1 #110』で初登場したドクター・ストレンジのヴィランであるナイトメアとは、ナイトメア・ディメンションと呼ばれる高次領域を司る存在。睡眠中の人間のアストラル体に悪夢を植え付けることで苦しみを与え、自らはその生命力を奪うことができる。

2022年4月6日に米公開された『マルチバース・オブ・マッドネス』予告編映像の序盤で、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフが「ナイトメア」とのセリフを発するところがある。「毎朝、同じ悪夢(ナイトメア)を見る(Every morning…the same…nightmare)」という箇所だ。

ストレンジも「毎晩、同じ夢を見る」と同じように語っていることから、本作では、ストレンジとワンダは悪夢にうなされているものと想像できる。映像から察するに、ストレンジは離別した元恋人クリスティーン・パーマーに関する悪夢で、ワンダは「ワンダヴィジョン」で失った双子の息子、トミーとビリーに関する悪夢だろう。強力な魔術師である2人のパワーを奪うため、彼らに悪夢を見せて苦しめているのが、他ならぬ「ナイトメア」だったら?十分にあり得そうな展開だ。

実はこのナイトメアというヴィラン、『ドクター・ストレンジ』1作目(2016)にも登場する案が存在していた。1作目の監督を務めたスコット・デリクソンは、「ナイトメアは大好きだ」と語り、そのキャラクターや、ナイトメア・ディメンションというコンセプトを気に入っていると話していたことがある。

もっとも、MCUに魔法の世界を初めて紹介した『ドクター・ストレンジ』では、ミラー・ディメンションやダーク・ディメンション、マルチバースといった新要素が登場。そこにナイトメア・ディメンションまで導入するのは無理があるということで、ナイトメアの登場は諦めていたという裏話がある。この時デリクソンは、「コンセプトは超イイから、今後どこかで取り扱いたい」と熱意を語っていた。

その後デリクソンは『マルチバース・オブ・マッドネス』監督の座を辞任。ナイトメア登場は、後任サム・ライミ監督の手に委ねられることとなった。『死霊のはらわた』シリーズなどホラー畑出身のライミ監督なら、ナイトメアが作り出す恐ろしき悪夢の描写もお手の物のはず。ライミ監督は以前、本作のメインヴィランについて尋ねられて「別のストレンジかもしれません。ワンダやモルドも同じ」と答えていたが、これは意図的なミスリードだろう。真のヴィランはきっと、邪悪なストレンジやシュマゴラス(ガルガントス)とは別の大物がサプライズで潜んでいるのではないか。

厳戒態勢の『マルチバース・オブ・マッドネス』

本作は、本国アメリカで公開直前までマスコミ試写すら行わないという厳戒態勢が報じられているが、これは珍しい。直近のMCU作を振り返れば、『シャン・チー』や『エターナルズ』では通例通り数日〜数週前にマスコミ試写が行われていたし、それは『ノー・ウェイ・ホーム』ですら同様だった。これほど秘密主義のまま公開を迎えるのには、それなりの理由があると見て間違い無いだろう。

どうやら巨大な隠し球を持っている気配のある『マルチバース・オブ・マッドネス』では、事前の露出は全て何らかのミスリードである可能性すらある。予告編通りの「ストレンジvs邪悪なストレンジ」の対決で終わらせるはずがなかろう。ファンの間では、大物俳優がナイトメア役としてサプライズ登場するのではないかとの話もある。例えば、ハリー・スタイルズが『エターナルズ』に秘密の出演を果たしていたようにだ。もちろん、『X-MEN』ユニバースとの合流など、期待ポイントは他にも山ほどある。

なお、ナイトメアが登場するのではないかという説は、あくまでも事前予想に過ぎない。実際に蓋を開けてみたら、ナイトメアのナの字もありませんでした、ということも十分あり得るので、ご了承いただきたい。

実際、ナイトメアはドラマ「ワンダヴィジョン」にもヴィランとして登場するのではないかとの噂が有力視されていたことも。この時は、ミステリアスな魅力を持つエヴァ・グリーンが演じるとの未確認の情報もあった。結局これはファンによる一方的な噂だったわけで、グリーン本人も後から「私ですか?いやいや!私が知る限り、全くありません」と全てを否定していたことがある。

ところで“Nightmare”のセリフが登場したこちらの『マルチバース・オブ・マッドネス』予告編映像、日本語字幕版はまだ確認されていない(本記事時点)。もし同映像の日本版が出ることがあれば、“Nightmare”の字幕訳に注目だ。「悪夢」ではなく「ナイトメア」と訳されたとしたら、それはつまり……?

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日(水・祝)に日本公開。

Source:IGN,Total Film

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly