Menu
(0)

Search

ドウェイン・ジョンソン、Netflix映画に進出!『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』監督と再タッグ、特報映像が公開に

ドウェイン・ジョンソン
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8557374952/ Remixed by THE RIVER

『ワイルド・スピード』シリーズや『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)などで知られる“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが、『ジュマンジ』でタッグを組んだジェイク・カスダン監督とNetflixへ進出する

ドウェインが主演・製作を兼任する映画『John Henry and the Statesmen(原題)』がNetflixにて製作・配信されることが決定、ドウェインのTwitterにて特報映像が公開されている。米The Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じた。

『John Henry and the Statesmen』でドウェインが演じるのは、アメリカで伝説の人物として語り継がれるアフリカ系アメリカ人の英雄ジョン・ヘンリー。かつて、鉄道のトンネルを掘るために鉄道の所有者は労働者を雇ってハンマーで鉄の錐(きり)を石に打たせ、爆弾を入れる穴を作っていた。伝説によると、労働者たちのなかでヘンリーは頭一つ抜き出る実力を発揮し、カリスマ的存在となっていたという。そんな中、機械で穴を作る蒸気ドリルが登場。労働者の仕事が奪われることを危惧したヘンリーは、蒸気ドリルを相手に、錐を石に打つ速さを競う戦いに挑み圧勝するものの、心臓麻痺を起こして死亡してしまったとか……。ヘンリーが本当に実在したのか、また語られている逸話がどこまで真実なのかは定かでないが、労働者を救った庶民の英雄として、“最強の男”としてアメリカで今もなお語り継がれている人物である。

本作はそんな伝説的人物ヘンリーが、世界中の民話や伝説に登場する英雄を率いる、アクションの詰まった家族向け映画になる見込み。伝説や逸話と比べても、これまた相当アレンジの効いた作品になるのではないかと思われる。主演、製作を担当するドウェインは、Twitterで「子供の頃のヒーローを演じられることを光栄に思います」とコメントし、発表に際して声明文を発表した。

「Netflixは革新的な方法で世界中の観客を楽しませ続ける、我々の最高のパートナーにして最高のプラットフォームです。多様な登場人物が語る伝説の物語は、これまで以上に心に響くものに、また年齢や性別、人種、場所を超えて世界中の観客に届くものとなるでしょう。」

原案を執筆したのは、『長ぐつをはいたネコ』(2011)や『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』(2017)のトム・ウィーラー。冒頭に触れた通り、監督は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でドウェインとタッグを組んだジェイク・カスダンが務める。なおカスダン&ジョンソンは、ジョンソンのパートナーであるハイラン・ガーシア&ダニー・ガーシアらと共にプロデューサーも担当する。

ハイラン・ガーシアとダニー・ガーシア、Netflixの映画部門を率いるスコット・ステューバーは、本作の発表にあたりコメントを寄せている。

ハイラン・ガーシア:「我々の制作会社Seven Bucks Productionにとって、国内外の観客を楽しませつつ、変化をもたらすキャラクターの世界を広げていくことは最優先事項です。トム(・ウィーラー)の素晴らしいコンセプトは我々のクリエイティブの感性にぴったり一致していました。アメリカや海外の民話に登場する英雄たちが登場する世界を作り出せることを大変嬉しく思います。可能性は無限大です。」

ダニー・ガーシア:「我々は10年以上、世界に届くストーリーテリング・モデルの開発に力を注いできました。Netflixとのパートナーシップは、とても触れやすく、また本質的な方法で、より幅広く多様な観客に到達する最高の機会をもたらしてくれています。この機会に我々は非常に興奮しています。」

スコット・ステューバー:「ドウェインは世界的スーパースターで、間違いなく世界で最も人気のある俳優の一人です。彼とジェイクは素晴らしいコンビで、(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』で)世界中の観客を楽しませた実績があります。私たちは、二人やSeven Bucks Productions、そしてFlynnPictureCo.とタッグを組めることを嬉しく思います。この物語は普遍的な魅力を持っており、キャラクターたちを世界中のご家族に届けることが待ちきれません。」

なお、ドウェインは2018年10月時点で『ジャングルクルーズ(邦題未定、原題:Jungle Cruise)』の撮影を終えており、『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Hobbs and Shaw)』を撮影中。ほかにも『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の続編、『ワンダーウーマン』(2017)のガル・ガドットと共演する映画『Red Notice(原題)』『ゴーストハンターズ』続編、カメハメハ大王の伝記映画の制作が明らかになっている。本作は特報映像こそ公開されているものの、製作がどこまで進んでいるかは不明だ。

映画『John Henry and the Statesmen(原題)』の配信日は未定。

Sources: The Hollywood Reporter, Variety
Eyecatch Image: Photo by Eva Rinaldi Remixed by THE RIVER

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly