Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー』ヘイムダル復活か?イドリス・エルバが意味深発言

マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Walt Disney Studios Motion Pictures/Photofest 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティ・ソー』シリーズでイドリス・エルバが演じたヘイムダルは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でその役目を終えた。エルバはMCUを飛び出し、今度はDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で最強スナイパーのブラッドスポートを演じているが、もしかしたらMCUでヘイムダル役の再演もありえるのかもしれない。

エルバは米Comicbook.comにて、「DC作品への出演となりましたが、MCUでのヘイムダルは、見たところ(seemingly)死んでしまったようです。ということは、今後はDC作品専属になるのでしょうか?」と尋ねられている。すると、「DCの世界での可能性にはワクワクしています」と挟んでから、ゆったりとした口調でこんなことを言っているのだ。

「その“見たところ(seemingly)”っていう言葉には、注目しておいたほうがいいと思います。」

これは一体何を意味するのか?『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で、ヘイムダルはハルクを地球に転送した後でサノスに一突きにされ、“見たところ”死んだように思われる。実際には、奇跡的に致命傷を免れて生き延びていたのだろうか?それとも、今後のMCUで重要視されるマルチバースの設定が活き、別世界のヘイムダルが現れるとでも言うのだろうか?

万が一にもヘイムダル復活がありえるなら、それは『マイティ・ソー』シリーズの次回作『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』が濃厚だ。同作の撮影は2021年1月〜6月にオーストラリアで行われていたが、これと同時期・同地で、エルバはジョージ・ミラー監督による新作『Three Thousand Years of Longing(原題)』の撮影を行っている。さらにエルバは、ソー役で主演のクリス・ヘムズワースが『ラブ&サンダー』撮影時期にInstagramに投稿したパーティーの写真にも登場しているのだ(下投稿3枚目)。カメオ出演、あるいはそれ以上の役割のため、エルバが『ラブ&サンダー』撮影現場に足を運ぶことだって、都合次第では可能だったはず。

タイカ・ワイティティ監督は、『ラブ&サンダー』が「クレイジーすぎて文字にしたら意味わからん」ものになると予告していた。ヘイムダルの“見たところ”の死亡を覆すような展開が飛び出したって、決しておかしくはないのである……。

映画『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、2022年5月6日に米国公開予定。

過去には再演を希望していたことも

Source:Comicbook.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly