Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』フィン役ジョン・ボイエガ、もうすぐ撮影終了 ─ 「3部作で一番楽しかった」

『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガとスティーヴン・S・デナイト監督インタビュー
©THE RIVER

映画スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けでフィン役を演じているジョン・ボイエガが、まもなく本撮影を終了することになりそうだ。自身のTwitterにて報告されている。

このたびボイエガは、ファンからの「撮影はあとどれくらい残っているんですか? 3部作で一番楽しかった仕事はどれ?」との質問に反応している。

「(撮影は)あともう少しだけ! 今回がずば抜けて一番楽しいです。」

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の撮影は2018年8月1日に開始され、すでに約6ヶ月が経過。先日、ボイエガは作品の山場となるであろうシーンの撮影に臨んだことを報告していた。なお2019年1月28日(米国時間)には、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズが『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の撮影を終了。いよいよ本撮影は大詰めを迎えているようだ。

なお『フォースの覚醒』(2015)に続いての登板となるJ・J・エイブラムス監督は、本作では俳優のアドリブや即興演技を積極的に取り入れながら撮影を進めているようだ。ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックは「撮影方法は前2作よりもルーズですね。現場で”よし、いろいろと試せるな”という気持ちになるのは安心」と述べ、また「あらゆることがルーズで、みんなが物事をそこまでシリアスに捉えていないんですけど、とにかく楽しいんですよ」と語っていた。ボイエガといいアイザックといい、出演者たちは非常に高いモチベーションで撮影に臨んできたようだ。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にはデイジー・リドリーやジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新3部作のレギュラーキャストが再集結。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズ、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズも出演するほか、レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーは過去の未公開映像で登場する。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly