Menu
(0)

Search

「ムーンナイト」イーサン・ホーク、マーベル作品に以前から興味を持っていた ─「過去に話はありました」

イーサン・ホーク
Photo by Montclair Film https://www.flickr.com/photos/montclairfilmfest/41955975762/

『ビフォア』シリーズをはじめ、『魂のゆくえ』(2017)などで知られるイーサン・ホークは、Disney+によるドラマ「ムーンナイト」のメインヴィラン、アーサー・ハローとしてマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初参加する。出演のきっかけは主演で近所に住んでいるというオスカー・アイザックからのオファーだったようだがマーベル作品には本作以前から興味を抱いていたのだという。

“穏やかな性格”と“暴力と残虐性に満ちた人格”を持つダークヒーロー、ムーンナイト/マーク・スペクターを描く本作。そんなふたつの人格を持つ主人公に立ちはだかるのが、イーサン・ホークふんするアーサー・ハローだ。Colliderのインタビューにてホークは、「マーベルと仕事を共にしようと考えたのは本作が初めてだったのでしょうか?」という質問を受け、「過去に何度か話はありました」と打ち明けている。

どんな役だったのかは定かでないが、それらは製作側と俳優本人の両方が納得するものではなかったという。自分がやりたかったり、興味を持ったりした役があったのですが、それには興味を持ってもらえませんでした。それと同時に自分では上手くできないと思った役もありましたよ」。

ただ、この役は自分にぴったりだと感じました」というのがアーサーだったとイーサンはいう。そのアーサーに関する詳細は依然として不明のままだが、イーサンは参考にした実在の人物として以前、デビッド・コレシュというカルト教団の指導者をはじめ、戦争犯罪者のヨーゼフ・メンゲレ、フィデル・カストロ、スティーブ・ジョブズなどを挙げていた

一方、Screen Rantによると、アーサーは世界を癒そうとする宗教的な狂信者だという。アーサーもまたムーンナイトと同様に一筋縄ではいかない人物となりそうだ。

「ムーンナイト」はディズニープラスにて、2022年3月30日(水)16時より日米同時配信開始。

Source: Screen Rant ,  Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly