Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』5月19日より韓国で公開決定 ─ 米国より1ヶ月以上の先行上映に

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

カーアクション・シリーズ『ワイルド・スピード』最新作、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が韓国中国をはじめ、ロシアシンガポールベトナム中東台湾にて、米国やそのほか各国に先駆けて劇場公開を迎えることがわかった。米Deadlineが報じている。

報道によると、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は上述の国々では、2021年5月中に公開されることが決定しているという。韓国では5月19日、ロシア・中東では5月20日、中国・台湾では5月21日、ベトナム・シンガポールでは5月中と伝えられており、米国公開日である6月25日より1ヶ月以上も先行する形となる。

『ワイルド・スピード』シリーズは全世界累計興行収入が60億ドルであり、その内の40億ドルが海外による収益によるものだという。またアジアでは重要な作品であれば、観客は劇場に足を運びたいと考えていることが明らかになっている。米国に先駆けての公開は、そんな興行的背景や、アジア市場の状況を鑑みての決断とのことだ。

『ワイルド・スピード』は、シリーズ9作目にして急展開を迎える。これまで明かされてこなかった主人公ドミニク・“ドム”・トレットの弟ジェイコブが敵としてファミリーの前に姿を現すのだ。『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)でファミリー分裂を図ったサイファーも再登場し、ファミリーを再び窮地に追い込む。その一方で、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)で死んだと思われていたハンも復活を遂げ、ファミリーと再会。宇宙行きや、東京が舞台になるなど、シリーズ史上最大級の波乱を予感させる本作の展開に注目だ。

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年8月6日(金)全国公開。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly