Menu
(0)

Search

ニコラス・ケイジ、『フェイス/オフ』新作映画に「何も聞いていません」─ リメイクではなく続編であるべきと持論

フェイス/オフ SNSサムネイル用
© Buena Vista 写真:ゼータ イメージ

フェイス/オフ』の続編と言われている新作映画が現在進行中だが、ニコラス・ケイジが復帰する可能性はあるのだろうか?

1997年に公開された『フェイス/オフ』は、息子を殺されたFBI捜査官アーチャー(ジョン・トラボルタ)と、その殺害犯であるテロリストのトロイ(ニコラス・ケイジ)、ふたりの追跡劇を描いた作品。互いの顔を取り替えたふたりによる死闘を描いた本作は、『男たちの挽歌』『レッドクリフ』シリーズなどのジョン・ウーがメガホンをとった。

“顔の交換”という斬新な設定が話題を呼んだ同作の続編には、『サプライズ』(2011)『ゴジラvsコング』(2021)のアダム・ウィンガードが監督、『ザ・ゲスト』(2014)などのサイモン・バレットが脚本家として名を連ねている。2021年2月にふたりの就任が発表された際、本作はリメイクとしてではなく、オリジナル版の続編として企画されていると伝えられた。もっともキャストについては一新される方針だという。

この度、The Hollywood Reporterのインタビューにてニコラス・ケイジが登場。『フェイス/オフ』続編企画への出演について質問されたところ、「そのような話は聞いたことがありません。私たちが読んでいるものは、何の根拠もない単なる憶測であることが多いんです」と答えている。

ウィンガード監督は以前、ケイジとトラボルタが共に本作に興味を示していることを明かしていたが、こちらはアイデアについて相談していたということだろう。出演を否定するケイジだが、『フェイス/オフ』が続編として製作されることには肯定的な姿勢を示している。

「(『フェイス/オフ2』を)作ることは楽しいことなのか。それはもちろんです。ただ、『フェイス/オフ』はジョン・ウーの存在が大きかったですから。リメイクにはなりえません。フィルムメイカーたちも言っていたと思うのですが、あのような作品は続編でなければならないんですよ。」

ちなみにニコラス・ケイジがニコラス・ケイジを演じる新作映画『The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)』では、『フェイス/オフ』(1997)をはじめとするニコラス・ケイジ出演作について言及される場面があるようだ。実際に再演する姿もあったりして……?

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly