Menu
(0)

Search

【レポート】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』舞台挨拶でティナ役キャサリン・ウォーターストンがかけた魔法(写真81枚)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年11月22日よりついに日本公開を迎えた。このために来日していたエディ・レッドメイン(ニュート役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)にとっては、ジャパンプレミア(21日)ファンナイト(22日)と3日連続で続いたプロモーションの最終日。同時に、世界中を周った本作のワールド・ツアーの終着点でもある。(記事最後に写真ギャラリー81枚あり)

会場となった丸の内ピカデリーでは、朝9時のイベントスタートながらファンタビのファンで満席状態。この日のチケットは「即完売」だったという。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

ジュード・ロウはベビーニフラーがお好き

定刻となり、エディ・レッドメインら来日キャスト6名が揃って登場。主人公ニュート・スキャマンダーを演じたエディ・レッドメインは、元気よく「コンニチハ!」と挨拶。「今日は”勤労感謝の日”だそうですね。お仕事をお休みする日なのに、そんな日を僕たちのために使ってくれてありがとうございます。この2年間、みんなに言いたくても言えなかった秘密をやっとお伝えすることができます。世界中の”魔法ワールド”ファンの中でも、日本の皆さんは情熱的で素晴らしく、献身的な方ばかり。今作には驚きや魔法動物が沢山登場しますよ!」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

「あえて1つだけ注目ポイントを挙げるとしたら?」と尋ねられたダンブルドア役ジュード・ロウは「1つだけ?いっぱいあるんだけど!」と悩みながら、「演技が凄いんです…、この人の!」と隣のエディを指差しておどけてみせる。「まだ言ったことが無かったけど、1つ挙げるならベビーニフラーでしょうね。僕も大好きなんです。ニフラーって元々は黒かったけど、今作では色々な色になった。これが生みだされたときは天才的だと思いましたね。お鼻が小さな茶色いスポンジみたいで、グレーの子もいたりして、すごく可愛いんです。ニュートはアパートに帰ってくるたびに(ベビーニフラーたちを)捕まえなくちゃいけなくて。エディはそこでハッキーサックス(足を使うお手玉のようなもの)の動きを参考にしたんだって。すごく良いシーンで、こんな風に(ジェスチャーを交えながら)ジャグリングみたいに捕まえるんですよ。」

お気に入りのシーンを述懐して気分がノってきたジュードは、「今日、空いている席ないですか?もう一回観たくなっちゃんだけど」と笑い、客席からニフラーのぬいぐるみを持参したファンを見つけると、「やあ、どうも」と笑顔で手を振った。

恒例の法被姿と鏡開きへ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

この日の舞台挨拶では、司会者の「恒例の!」との呼び声と共に、鏡開き用の酒樽と小槌、法被が運び込まれる。エディ、アリソン、ダンは2年前の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』来日プロモーション時にも経験済みで、アリソンは「家に持って帰りたい!」と優しい。「また日本に来られてとても光栄です。前回来日した時は、感激のあまり泣きそうになってしまったんですけど、今回は頑張ります(笑)。応援と愛を頂き、本当に感謝しています。(日本語で)日本は魔法みたい。エヘヘ。」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

法被の襟には、「ファンタビ 黒い魔法使いの誕生」と、キャストの名前がカタカナで書かれている。ジュード・ロウはこの意味を通訳に確認し、「いいね!」とお気に入りの様子だ。エディは、法被の上からコートの襟を立たせている。

ティナ役のキャサリン・ウォーターストンは「(鏡開きは)初めてです。前回の来日時は、『エイリアン:コヴェナント』(2017)の再撮影があったので、早々に帰国しなくちゃいけなくて」と振り返る。「あの時は不思議な日でした。地震があって、その12時間後にはロンドンで宇宙船にぶら下がっていましたから(笑)。それから日本が恋しくて、戻ってこれて嬉しいです。鏡開きのやり方は、(2年前に経験済みの)プロから学びますね。」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

観客との掛け声と共に樽を割り終えると、エディとジュードは日本酒の香りが気になるように嗅ぎ、ダンは樽に抱きつくような仕草を見せた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

最後に日本のファンへの挨拶を求められたジュード・ロウは「コンニチハ!ついにここで世界ツアーが終わります。魔法ワールドのファミリーを代表してここにやって来た気持ちです。この国の美しい文化が大好きです。食べ物やおもてなし…、本当に、僕たちにとって最も素晴らしいことです。素晴らしい旅の、素晴らしい終着点になりました。是非映画をお楽しみください」と語り、「また戻ってきます!」と会場を沸かせた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

あっという間に終了時刻を迎え、キャスト一同は舞台を降りて退場口へ。その途中、キャサリンは客席から手を伸ばした少女に気付いた。座席から半身乗り出す形でキャサリンがサインに応じると、少女は喜びのあまり目に涙を浮かべている。キャサリンら来日キャスト一同は、本物の魔法をかけて劇場を後にした。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 初日舞台挨拶
©THE RIVER

ギャラリー

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、いよいよ2018年11月23日(金・祝)より全国ロードショー

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly