Menu
(0)

Search

ケヴィン・ファイギ、ソニーの『スパイダーマン』シリーズに「先走りすぎないように」と注意か ─ 米情報筋

Kevin Feige / ケヴィン・ファイギ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Feige_(28556369381).jpg

ヴェノム』(2018)『モービウス』(2022)、そして次は『クレイヴン・ザ・ハンター』に『マダム・ウェブ』と、スパイダーマンに因縁/関連を持つマーベル・キャラクターたちを続々と映画化する米ソニー・ピクチャーズ。彼らは明らかにマーベル・シネマティック・ユニバースをベンチマークとしており、ゆくゆくは自社のクロスオーバー作品『シニスター・シックス』を実現させたいものと見られている。

『ヴェノム』は人気シリーズになったものの、続く『モービウス』は厳しい評価を受けた。後続作品が複数控える中で、シリーズの行末を案じる声も少なくない。

これに対して、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギがソニーに対し私見を述べ、シリーズの進行に注意を与えていたとの情報が話題になっている。こう伝えるのは、映画レポーターのジェフ・スナイダー。ハリウッドのベテラン記者が立ち上げた新メディアThe Anklerでスナイダーは、「マーベルのケヴィン・ファイギは、スパイダーマンが登場しないソニーのマーベル映画に介入し、意見を与えた」と書いている。

あくまでも「内通者の情報」であるが、記事によるとファイギは米ソニーのアプローチ方法を指導し、『アベンジャーズ』のような大きな世界を構築するという点で、あまり先走りすぎないようにと注意していたという。

マーベル・スタジオは米ソニーとスパイダーマンの権利を共有している。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)といったシリーズは共同製作で、ファイギもプロデュースに参加。トム・ホランド版ピーター・パーカーの今後は現時点で正式に決まっているところはない模様だが、ソニーのシリーズ展開次第ではマーベル・シネマティック・ユニバースにも影響が及ぶ可能性がある。

ソニーは今度も『クレイヴン・ザ・ハンター』をはじめとするスパイダーマン関連作を量産したい意向と見られ、『モービウス』劇中では打倒スパイダーマンが語られる一幕もあった。実際のところファイギがソニーの製作事情にどれほどの影響を与えているかはどうあれ、映画フランチャイズ・ビジネスの達人であるファイギは、彼らのシリーズ展開をどう見ているのか。

『クレイヴン・ザ・ハンター』の撮影はすでに開始されており、『マダム・ウェブ』も準備中。さらにソニーは、無名キャラクターをラッパーのバッド・バニー主演で映画化する『エル・ムエルト』も始動させており、ファンを驚かせている。

Source:The Ankler

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly