Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』シリーズ、第9作で12年ぶりに新脚本家を抜擢 ― 常連作家はロック様のスピンオフ映画へ

(C)Universal Pictures

ヴィン・ディーゼル主演の人気カー・アクション映画『ワイルド・スピード』シリーズで、新たな脚本家が12年ぶりに抜擢されることがわかった。
現在企画が進められている『ワイルド・スピード9(仮題、原題:Fast and Furious 9)』で脚本を執筆するのは、SF映画『キン(原題:Kin)』に携わったダニエル・ケイシー。まだ長編映画の経験は多くない新鋭とあって、まさしく“大抜擢”というべきだろう。

これまで『ワイルド・スピード』シリーズは、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)からクリス・モーガンが全作品の脚本を手がけてきた。ダニエルは現時点で12年ぶり、第9作が公開される2020年には14年ぶりに起用される新脚本家となるわけだ。

シリーズの常連脚本家であるクリスが第9作に関わっていない背景には、ヴィンとドウェイン・ジョンソンの不仲がささやかれる中で製作が決まった、ドウェインとジェイソン・ステイサムの主演するスピンオフ映画『ホブス&ショウ(原題:Hobbs and Shaw)』がある。クリスは同作の脚本・製作を担当しており、ドウェインがシリーズ第9作に出演するかどうかは不明。『ワイルド・スピード』ファミリーが派閥に分かれていることは想像したくないが……。

なお、新たな才能を取り入れた『ワイルド・スピード9』にはシリーズ第3~6作のジャスティン・リン監督が復帰する。すなわち新作では『ワイルド・スピード』を知り尽くした人物と新脚本家がタッグを組むわけで、どんな作品になるのかはまったく未知数といっていいだろう。『ワイルド・スピード』らしい一作になる可能性も、はたまた従来のイメージを一新してくれる可能性もある。

ちなみに本作に起用されたダニエル・ケイシーは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)や『クローバーフィールド』シリーズのJ・J・エイブラムスが手がけるスーパーヒーロー映画『ザ・ヘビー(原題:The Heavy)』を執筆することも決まっている。映画ファンとしては覚えておいて損のない名前かも?

映画『ワイルド・スピード9(仮題)』は2020年4月10日米国公開予定

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly