Menu
(0)

Search

米ディズニー「スター・ウォーズ・ランド」2019年5月末、8月末に2ヶ所でオープン ─ 当初予定より繰り上げ、2段階で展開へ

https://www.youtube.com/watch?v=ouc5wjK3sZo スクリーンショット

米国ディズニーランドにて建設の進められている、『スター・ウォーズ』初のテーマパーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars: Galaxy’s Edge)」のオープン日が正式に発表された。

D23によれば、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は米カリフォルニア州のディズニーランド・リゾートで2019年5月31日に、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(ディズニー・ハリウッド・スタジオ)で同年8月29日にオープンするとのこと。それぞれ2019年夏・秋のオープン予定と当初は告知されていたため、予定を大幅に繰り上げての始動となる。このたび米ディズニーは、告知映像をあわせて公開した。

今回のオープン繰り上げについて、ディズニーは「ゲストから非常に大きな関心が寄せられているため」と説明。「ギャラクシーズ・エッジ」では、2段階にわたってパークを拡大していく方針であることも明らかにされている。

まずは“フェイズ1”として、オープン日から惑星バトゥーを歩き回る体験をたっぷりと味わうことができるとのこと。地元の酒場や「オーガのカンティーナ」に足を踏み入れたり、ミレニアム・ファルコン号のパイロットや射撃手、フライト・エンジニアになれるアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(Millennium Falcon: Smugglers Run)」を楽しめる。

つづいて2019年内に予定されている“フェイズ2”では、レジスタンスとファースト・オーダーの激闘のさなかへと送り込まれる新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス(Star Wars: Rise of the Resistance)」がオープン。こちらは「史上もっとも野心的で没入感のある、先進的なアトラクション」になるとのこと。パーク自体のオープンと時期をずらすということは、早々に惑星バトゥーを訪れるほどの熱心なファンを、このアトラクション単体で呼び戻せるだけの仕上がりということか…?

なお「ギャラクシーズ・エッジ」をオープン直後に訪れたい場合などについては、ディズニーランド・リゾートとウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの双方で特別に申し込みが必要になるとのこと。各リゾートのホテルに宿泊する場合は特別に入場権が付属するなど、特典も用意されることになるようだ。詳細はウェブサイト(Disneyland.comDisneyworld.com)やディズニー・パークスのブログにて発表されるとのこと。それぞれ条件が異なるため、遥か彼方の銀河系への旅をご検討の際は必ずご確認いただきたい。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、米カリフォルニア州のディズニーランド・リゾートで2019年5月31日に、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(ディズニー・ハリウッド・スタジオ)で同年8月29日にオープン予定

Source: D23

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly