Menu
(0)

Search

ジェラルド・バトラーとフランク・グリロ激戦、警察署アクション・スリラーで共演へ

ジェラルド・バトラーとフランク・グリロ
Gerard Butler photo by Gordon Correll https://www.flickr.com/photos/gdcgraphics/29681162176/ | Frank Grillo Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Frank_Grillo_by_Gage_Skidmore.jpg | Remixed by THE RIVER

濃いぞ!ジェラルド・バトラーフランク・グリロが新作アクション・スリラーで共演だ。Deadlineが伝えている。

原題は『Copshop』。ジェラルド・バトラーが演じるのはプロのヒットマン。対するフランク・グリロは追い詰められた裏切り者の詐欺師で、獄中に入って匿われたいらしい。小さな街の警察署が戦地と化し、ジェラルド・バトラーとフランク・グリロ、そして優秀な新人女性警官が戦うという。この女性警官役のキャステイングは進行中とのことだ。

ジェラルド・バトラーといえば『エンド・オブ』シリーズや『300 〈スリーハンドレッド〉』(2006)などのアクション映画で知られ、最近では潜水艦アクション『ハンターキラー 潜航せよ』(2018)も話題に。今後も『エンド・オブ』シリーズ第4作や『ジオストーム』(2017)ライクなディザスター映画『グリーンランド(原題:Greenland)』、中東が舞台のアクション映画などボルテージ高め。

一方のフランク・グリロはマーベル映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)クロスボーンズ/ブロック・ラムロウ役ほか、『スカイライン -奪還-』(2017)などのアクションで知られる。ブルース・ウィリスと共演して未知の地球外生命体と闘うSFアクション映画など、ダイナミックな作品への出演が続く。

本作『Copshop』の監督は『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』(2006)や『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(2010)などのアクション作で知られるジョー・カーナハン。元あった脚本をカーナハン自身が改稿していると伝えられている。

2020年10月よりジョージア州やニューメキシコで主要撮影を始める予定ということだ。来たるトロント国際映画祭のバーチャル版で買い手を探すという。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly