Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』神殺しのゴア、前作ヴィランのヘラよりも手強い ─ 監督が予告

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティ・ソー』シリーズで、これまでに雷神ソーはロキやヘラといったヴィランと激しい闘いを繰り広げたが、第4作ソー:ラブ&サンダーでは神殺しのゴアという、かつてない敵と対峙することになりそうだ。

前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でソーは、世界を滅ぼすほどの破壊力を誇る“死を司る女神”ヘラと対決。復讐心に満ちたヘラはソーの異母姉であり、血の繋がりがあるゆえに闘うには複雑な相手となったが、監督のタイカ・ワイティティは米The Directのインタビューにて、第4作では今までとは違うヴィランを描きたかったと述べている

ヘラから発展させて、何らかの形でさらに手強いヴィランを見つける必要がありました。そして、素晴らしきクリスチャン・ベールが演じるゴアに、その手強さを見い出したのです。」

“手強い”と言われたら、単に今までのヴィランよりも特殊能力が強大で、パワーで対決する時に苦戦するイメージを抱いてしまうが、ゴアの場合はさらに厄介なようだ。

というのもコミックでのゴアは、非常に複雑かつ悲劇的な背景を持ったキャラクターだからだ。信心深い両親に育てられたゴアは、常に神々を信じて祈りを欠かさず、規範に従って暮らしていた。ところが、ゴアが敬虔に祈りを捧げていたにもかかわらず、母親を殺された上、妊娠中の妻を地震で失う悲劇に見舞われている。その後も次々と苦難を経験し、神々に恨みを抱くようになったゴアが復讐をし始める展開となる。

その背景について、マーベル・スタジオの幹部であるブラッド・ウィンダーバウムが、神々に対して怒りと復讐心を抱く前に、ゴアが「ルールに従って生きていた」からこそ恐ろしいと言及。ゴアはソーを、精神的にも肉体的にも限界まで追い詰めていくことが予想される。

その一方でワイティティは、「ゴアは、これまでで最も共感できるヴィランだと思います。それに彼はマーベル・ヴィランの中で、試写で最も受けが良かったんです」とも述べている。ソーにとって最も手強い敵となるゴアが共感も出来てしまうキャラクターとなれば、もしかしたら主役を食ってしまうほどの存在感を発揮し、そういう意味でもソーにとって最強の相手になりそうだ。

どのようにヴィランのゴアが描かれるかは、2022年7月8日に日米同時公開となる『ソー:ラブ&サンダー』を観て、自分の目で確かめるしかないだろう。

あわせて読みたい

Source:The Direct

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly