Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル』は『Vol.3』に繋がる「正史の範囲内」、ジェームズ・ガン監督が予告

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気シリーズの最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』を鑑賞する前には、Disney+オリジナル作品として製作される『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』の内容を把握する必要があるようだ。両作を手がけるジェームズ・ガン監督が明かしている。

『ホリデー・スペシャル』の詳細は不明だが、既報によれば『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』より後、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』より前のタイムラインが描かれるという。ホリデー・スペシャルといえば、本編からは逸脱して独立したストーリーが描かれるようなイメージだが、米Colliderの取材に応じたガン監督は、本作を「正史の範囲内です」と明言している。

本シリーズの主人公、ガーディアンズのメンバーたちの姿が揃って最後に見られたのは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にて。クイル率いるガーディアンズは、ソーを連れて再び銀河に戻っていったきり、その行方は分かっていない。ガン監督いわく、『エンドゲーム』後のストーリーが最初に描かれるのは、この『ホリデー・スペシャル』であるらしい。監督は「ガーディアンズについてが描かれます」と予告した上で、「『Vol.3』を観る前に知っておかなきゃいけないこともあります」とまで語っている。

『ホリデー・スペシャル』と『Vol.3』の撮影は、2021年11月より同時で実施される予定。ガン監督は「映画とは一緒に撮影します」とこれを改めて認めている。「同じセットはたくさんありますし、もちろん俳優たちも一緒です。映画とは同時ですが、(ホリデー・スペシャルのほうが)早く編集し終えなければいけませんね」。

ちなみに、ガン監督は以前、『ホリデー・スペシャル』について「ゆるいし、楽しい」とも語っていた。『Vol.3』に繋がるストーリーといえど、ガーディアンズのメンバーたちによる、コミカルでバラエティショー的なやりとりにも注目したい。

ディズニープラスオリジナル作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』は2022年配信、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2023年5月5日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly