Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は「真の傑作」、クリス・プラットが大自信

©2017 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気シリーズ第3弾ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3は、オリジナルキャストが集結する最後の作品になると言われている。現在、ポストプロダクション(撮影後準備)段階にある最新作について、スター・ロード/ピーター・クイル役で主演するクリス・プラットが、『Vol.3』に対する興奮を伝えている。

現時点で、『Vol.3』の全貌はベールに包まれているが、お馴染みのメンバーに加えて参戦する新キャストが続々と発表されており、撮影は2022年5月上旬に終了している。英Digital Spyのインタビューに登場したプラットは『Vol.3』について尋ねられ、大いに期待できる内容になっているとほのめかしている。

「素晴らしいです。先日、(監督の)ジェームズ・ガンがアセンブリー・カットを見たばかりで、昨日、彼に連絡を取ったんです。Facetimeをして、彼はみんなの仕事を心から誇りに思っていました。彼は今までで最高の作品だと言っていて、かなり自信を感じているようです。脚本が素晴らしかったですから。

僕は、監督が真の傑作を生み出したと自信を持って言えるし、みんなに観てもらえるのが待ちきれない。ジェームズ・ガンのおかげです。彼はシリーズ全3作を手がけて、これは超大作トリロジーの世界では本当に珍しいことで、本当に特別なことなんです。」

シリーズ第1作が公開されるまで、一般的にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを知る人は少なかった。そんな知名度が低かったキャラクターたちを、ガン監督が独特のユーモアと世界観をもって紹介し、MCUで新たなブランドを築き上げたと言っても過言ではない。知る人ぞ知る存在だったガーディアンズを描いた前2作は、世界中の映画ファンから愛される作品となり、その秀作を超えるほどの“真の傑作”だと主演俳優に言わしめた『Vol.3』には、もう期待しかない。

そして、プラットの言葉を受けるかのようにガン監督も自身のTwitterで、「キャスト全員が全力を尽くして全てを出し切った。初期カットを見ながら、彼らをとても誇りに思った」とコメントし、キャストを称えている。

監督と主演俳優が、その出来に心から自信を持っている様子の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は、2023年5月5日より米国公開。

あわせて読みたい

Source:Digital Spy , Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly