Menu
(0)

Search

『ザ・スーサイド・スクワッド』続編はしばらく先に?ジェームズ・ガン監督が今後の計画を示唆

ジェームズ・ガン
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:James_Gunn_(28663744545).jpg

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第3作、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の撮影が終了し、ジェームズ・ガン監督の次なるプロジェクトも気になるところだが、どうやらDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)の続編が実現するとしたら、しばらく先の製作になるようだ。

The Playlistのインタビューで、『ザ・スーサイド・スクワッド』の続編を製作したいかどうか質問されたガンが、「テレビの仕事がすごく楽しかったから、次の1年はテレビに費やそうかと本気で思っています」と回答している。

テレビの仕事とは、『ザ・スーサイド・スクワッド』のキャラクターであるピースメイカーを主人公にしたドラマ「ピースメイカー」のことだろう。2023年に監督が取り組むと見られる作品は、そのシーズン2だろうか。その他にも、ピースメイカーの上司にあたるアマンダ・ウォラーを主役に据えた新スピンオフドラマの製作も進行しており、ガンはプロデューサーに名を連ねている。ということは、2023年はガン監督にとって“テレビの年”になりそうだ。

では、次にガンが関わる映画プロジェクトは何になるのだろうか?その質問には次のように答えている。

「次に何をやるか分かりません。(DC)以外の映画かもしれませんが、DCのキャラクターと関係がある映画の可能性もあります。それは『ザ・スーサイド・スクワッド』の映画なのか、それとも同ユニバースにある何か別の物なのか、もしくは、それとは少し違うものなのか?正確には分かりません。」

ガン監督は、ワーナー・ブラザース・ディスカバリー映画部門の会長に決定したマイケル・デ・ルカとは旧友の仲で、氏の就任を嬉しく思っているとも語っている。つまり、DC映画にしろ別のジャンルの映画にしろ、監督の次作はワーナー・ブラザース・ディスカバリーで製作される可能性が高そうだ。

その前に、2023年5月5日に米国公開される『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』を楽しみに待ちたい。

Source:The Playlist

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly