Menu
(0)

Search

ヘレン・ミレン、『ワイルド・スピード』第10作への復帰に意欲 ─ 「実際に出演することになると思います」

Helen mirren ヘレン・ミレン
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/22418153872

ワイルド・スピード』シリーズ第8作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)で、ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウの母親クイニー/マクダーレン・ショウ役でシリーズに初参戦した名優ヘレン・ミレン。その後もスピンオフ映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)、シリーズ第9作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)にも続投したミレンが、第10作となる『FAST X(原題)』への復帰に意欲を見せている。

『ジェットブレイク』では、主人公ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)を助手席に乗せてキレキレのドリフトを見せていたミレン。第10作にもクイニー役で続投し、あの華麗なハンドルさばきを再び見せてくれるのだろうか。

The Wrapの取材にミレンが登場。ミレンが今後の出演作の名前を羅列している最中に、「ほかに何がありましたっけ」と考え始めると、インタビュアーから「『FAST X』であなたを目に出来る可能性はありますか?」と質問される。するとミレンは光が灯ったような満面の笑顔になり、「そう願います。そうなるといいですね。実際にそうなると思いますよ」と笑いながら回答している。『ワイルド・スピード』の名前が出た途端に“嬉しくて仕方がない”というような表情になったため、第10作へのカムバックに期待が持てそうだ。

なお、第10作にはDC映画『アクアマン』(2018)で知られるジェイソン・モモア悪役で出演し、マーベル映画『キャプテン・マーベル』(2019)のブリー・ラーソン参戦することも決定している。『FAST X』は2023年5月19日に米国公開予定。

Source:The Wrap

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly