Menu
(0)

Search

ヘンリー・カヴィル、ロマコメ映画で主演決定 ─ 不運な恋ばかりの教授、型破りな女性と出会う

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)『ジャスティス・リーグ』(2017)「ウィッチャー」(2019-)などアクション作品の印象の強い英国俳優、ヘンリー・カヴィルがロマンティック・コメディ映画『The Rosie Project(原題)』で主演を務めることがわかった。米Collider、米Deadlineなどが報じている。

原作は、グラム・シムシオンによる『ワイフ・プロジェクト』(講談社)。ヘンリー・カヴィルが演じるのは、これまで不運な恋ばかりを経験してきた大学教授だ。手の込んだ調査票をもとに妻を見つけることになった教授だが、それをもとに出会ったのは、必要条件とは一致しないが、彼にとっては完璧かもしれない型破りな女性だった。ちなみにカヴィルが演じる役どころには、ライアン・レイノルズやジェイク・ギレンホールらも一時候補として挙げられていた。相手役としては過去に、ジェニファー・ローレンスが名を連ねていたようだ。

監督を務めるのは、ステファン・フォーク。ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2013-2019)などで脚本を手がけてきた人物だ。Deadlineでは脚本も監督本人が執筆すると伝えられているが、一方のColliderでは、『(500)日のサマー 』(2009)『ペーパータウン』(2015)スコット・ノイスタッターが担当すると報じられている。プロデューサーは、『ヴェノム』(2018)マット・トルマック、『ブロークバック・マウンテン』(2005)マイケル・コスティガンが担当するとのことだ。

ヘンリー・カヴィルは本作のほか次回作として、マシュー・ヴォーンによるスパイ・アクション映画『Argylle(原題)』や、『エノーラ・ホームズの事件簿』の続編映画、『ハイランダー 悪魔の戦士』(1986)再映画化など多数の企画を控えている。撮影については、『Argylle』が2021年8月、『エノーラ・ホームズの事件簿』の続編映画が2021年秋、『The Rosie Project』が2022年に開始予定とのことだ。

あわせて読みたい

Source: Collider , Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly