Menu
(0)

Search

トム・ヒドルストン、ロキ役は「29歳の時にキャスティングされて、今は41歳になった」

ロキ
(C)2021 Marvel

マイティ・ソー』(2011)の憎めないヴィラン、“悪戯の神”ことロキ役でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)デビューを飾り、すでに10年以上も同役を演じ続けているトム・ヒドルストン。『マイティ・ソー』の公開当時、ほぼ無名に等しかったヒドルストンは同シリーズの続編と『アベンジャーズ』シリーズに出演し、押しも押されぬ大スターに。ディズニープラス(Disney+)のドラマ「ロキ」(2021‐)では遂にMCUで主役を張り、『アイ・ソー・ザ・ライト』(2015)『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)などマーベル以外の作品でも大活躍している。

飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進中のヒドルストンが、『シンデレラ』(2015)やドラマ「パム&トミー」などで知られるリリー・ジェームズと米Varietyの取材で対談。ロキを演じることについて質問されたヒドルストンが、「僕にとってロキは、何年もかけて大きく変化しました。僕が29歳だった時にキャスティングされて、今は41歳ですから」と、時の流れを感じさせるコメントで回答している。

続けてジェームズが、「ロキを世に出して成長させ、変化させたあなたは凄いですね」と言うと、ヒドルストンがキャラクターの変遷と役作りについて説明している。

「最初はカツラと衣装で、いつものように仮面から抜け出して偽りのない何かを解き放とうとしました。ドラマ化された時には、ロキは慣れ親しんだものから全てをはぎ取られたんです。文字通り、身ぐるみ剝がされてジャンプスーツを着せられ、そのステータスは無くなりました。今では誰もが知っているキャラクターですが、彼を開放して新たな側面を見い出し、キャラクターの変化と成長に挑戦しています。

ロキ
(C)2021 Marvel

まさに、この11年間でロキと共に歩んだ道のりは、ヒドルストン自身にとっても同じような成長と変化があったに違いない。常に進化を遂げていくキャラクターだからこそ、役者として演じ続ける醍醐味があるのではないだろうか。そんなロキ&ヒドルストンの二人三脚はこれからも続いていく予定で、「ロキ」シーズン2の撮影はロンドンにて現在進行中だ。

Source:Variety

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly