Menu
(0)

Search

トム・ホランド、『スパイダーマン』第4作前に休みを取る予定

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン』シリーズの完結編となる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、世界中で空前の大ヒットを放って記録を更新しまくっている。だが、主演のトム・ホランド噂されている第4作に復帰する前に、「休みを取りたい」と心境を明かしている。

人気ビデオゲームの実写化となる最新作『アンチャーテッド』のため、ブラジルのメディアCinePOPの取材に応じたホランド。このプロモーション活動を終えた後、『スパイダーマン』第4作のためにスパイダーマンのコスチュームへ戻りますかと質問され、こう回答している。

「Appleのテレビ番組の撮影へ戻ります。すごくワクワクしていますが、そのテレビ番組を終えたら、休暇を取ると自信を持って言えます。

ホランドが言う“Appleのテレビ番組”とは、アンソロジー・シリーズ「The Crowded Room(原題)」のこと。本企画はダニエル・キイスの小説『24人のビリー・ミリガン』( ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を基にした作品となり、ホランドは多重人格障害を理由に史上初めて無罪判決を受けた男、ビリー・ミリガンを演じる予定だ。

思えばホランドは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でスパイダーマンとしてデビューして以来、MCU作品以外にも『エジソンズ・ゲーム』(2019)、『悪魔はいつもそこに』(2020)、『チェリー』(2021)など異なるジャンルの作品に挑戦。『スパイ in デンジャー』(2019)と『2分の1の魔法』(2020)では声優にもチャレンジし、まさに息をもつかせぬ勢いでキャリアを重ねてきた。

2021年2月にもホランドは、マーベル・スタジオならびにソニー・ピクチャーズと交わしている契約が満了するタイミングで、「休みを取って、世界を旅したいです。誰とも契約していないのは、マーベルとの契約以来初めてなんで」と語っていた。

『スパイダーマン』シリーズが一段落着いたこともあり、「The Crowded Room」の撮影終了後はタップリと休みを取り、次なるプロジェクトのために英気を養ってほしいものだ。

あわせて読みたい

Source:CinePOP

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly